GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
 
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

1994年2月、蔡と志賀は小名浜水産高校近くの砂浜で埋もれている北洋サケマス船と出会った


 1993年10月、蔡國強と志賀忠重は廃船を探していた。蔡が作品制作に使うという。蔡が住んでいた家から一番近い四倉港へ行くと、船首部分が切り離された手ごろな木造漁船があった。蔡は「ほしい」という。志賀が持ち主である造船所へ行き、ただで譲ってもらえることになった。2人に安堵感が広がった。

燃やされた船首

  ところが年が明けた2月、いよいよ作品制作の段になったので現場に行ってみると、本体はあるのだが、切り離された船首部分がない。2人は焦った。近くにいた人に聞くと「邪魔になるから燃やしてしまった」という。それを蔡に伝えると、がっくりと肩を落とした。あまりの落胆ぶりに志賀が「大丈夫ですよ。なくなってしまったのは残念だけれど、考えようによっては良い素材を見つけられるチャンスでもあるわけですから」と励ますと、「それじゃ、これから探しましょう」と言う。すぐ、7つの漁港を回ってくまなく探したが、適当な廃船を見つけることはできなかった。
 最後に行った小名浜港。港のすぐ近くで志賀の同級生である佐藤進が潜水会社を経営していた。ふと、あいさつに寄って蔡を紹介しようと、思った。事のてんまつを話し、「どこかに廃船はないだろうか」と尋ねると、「廃船なら小名浜水産高校(現いわき海星高校)前の砂浜にいくらでも埋まってる」と言う。蔡の表情が輝き、「すぐ行ってみましょう」ということになった。すでに午後7時を過ぎており、外は真っ暗。3人は懐中電灯を手に5分ほど車を走らせて砂浜に到着した。車を降りて砂浜を歩くと、砂に深く埋もれた廃船が3艘あった。「これ、これですよ。僕がほしかったのは、これです」。蔡が興奮して叫んでいる。その姿を見て、志賀はホッと肩の荷を下ろした。船首部分が燃やされてしまったことに、責任を感じていたのだ。「よかった」と思った。

ある心配

 2人はルンルン気分で四倉にある蔡のアトリエに戻った。ところが途中から雨が降り出し、風が強くなった。なぜか蔡が落ち着かない。そして言った。「志賀さん、波で船が流れてしまいませんか。心配です」。何十年もの間、砂に埋もれている船である。流されることなどあるはずがなかった。船首部分なくなってしまったことも、影響したのだろう。蔡がさかんに心配している。そこで志賀は、船をロープで固定しましょう、と提案した。2人は、30分かけて再び船のある場所へ戻り、ロープで固定する作業を行った。すでに波は荒くなっていた。カッパを着込み、廃船の一部にロープをかけて1センチの太さのロープを消波ブロックにつないだ。まるで象を糸でつなぐようなものだった。しかし2人は、できることをきちんとやった、という思いが胸一杯に広がり満足だった。

船の墓場

 蔡が一目惚れした廃船は、北洋サケマス船。志賀によると、エンジンや油をきれいに取り去り、木の部分だけを残して不法投棄された船なのだという。かつては、使い物にならなくなった船は、そうして海に流した。海流の関係だろうか。不思議に、その砂浜に打ち上げられ、月日がたつにしたがって木は朽ち果 て、船体は深く砂に埋もれていった。だれも好きこのんで船を掘り出すわけはなく、船の数は増えていった。そこは、明らかに船の墓場だった。海の男たちを乗せて北洋の荒海を航海し、サケマスを取り続けた船たち。それが役目を終え、砂浜で横たわっている。
 蔡は「これだ」と思った。いわきを表現するには願ってもない素材だった。その文化や歴史、さらに魂のようなものを表現したいと思った。蔡の頭の中をさまざまな具体的なイメージがぐるぐるぐると激しく巡っていた。いよいよ作品制作に動き始める時期になった。
(この項つづく=敬称略)



日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
ホームへ画面上へ