GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 草野天平の頁
天平アンソロジー
草野天平の本
草野天平の言葉
わたしと天平
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
天平アンソロジー
祝祭
朗読者
自然の摂理
ユキのこと
母
梅乃1
梅乃2
梅乃3
梅乃4

梅乃3


 梅乃さんが天平と初めて会ったのは、昭和24年12月24日のクリスマスイブ。その日、神田神保町のバー「らんぼお」で「歴程詩の会」が開かれており、教え子の宮崎恭子さん(のちの仲代達矢夫人・故人)と一緒に集いに参加したのだった。

 このエピソードは、梅乃さん自身が書いているのだが、なかなかいい。会場は昂揚し、次から次へと歌が歌われた。梅乃さんはその場で、サモアの恋の歌をサモア語で歌った。

 「サモアの恋の歌」。それはどんな歌なのだろう。しかもなぜ、サモアの恋の歌なのだろう。そんな素朴な疑問を、梅乃さんにぶつけたことがある。すると梅乃さんは「弟がね、そういうのが好きで持っていたもんだから、聞いていたんです」と教えてくれた。

 ちなみに、他の出席者は「ラ・マルセイエーズ」などを歌っており、宮崎さんもシャンソンをフランス語で歌ったのだった。しかし、そのサモアの恋の歌が、天平の記憶に強く刻印され、梅乃さんと天平の運命の糸が絡まっていくことになる。

 その、サモアの恋の歌を思いもかけず聴く機会が訪れた。文藝 春秋社に勤めるかたわらチェロを弾いている星衛さんが、梅乃さんの記憶を頼りに譜面 に落とし、メロディーをよみがえらせたのだ。とっても短くメロディーラインもシンプルだが、何ともほのぼのとしていて、人間の心のひだに染みいるような曲だった。

 以来、星さんは天平の詩と朗読の集いでは、この曲を最初に弾くことをルールとする。集いではその「サモアの恋の歌」が、天平の霊との邂逅へと誘い、出席者それぞれの思い出や思いが、心の中で膨らんで行く。






日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  画面上へ