GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 草野天平の頁
天平アンソロジー
草野天平の本
草野天平の言葉
わたしと天平
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
天平アンソロジー
祝祭
朗読者
自然の摂理
ユキのこと
母
梅乃1
梅乃2
梅乃3
梅乃4

母


 天平には母が2人いる。生みの母と育ての母だ。実母のトメヨは6歳の時に肺結核で亡くし、10歳の時に新しい母・なおと対面 している。天平は、この継母・なおの影響を強く受け、自らの感性を磨いて行ったのだった。

 なおは佐賀県生まれ。鍋島藩にゆかりのある家柄に生まれ、娘時代には鍋島本家で厳しいしつけを受けた。天平の父・馨と知り合ったころは、料亭の女将をしており、歌舞伎や能を好み、囲碁の相手もできる教養豊かな女性だった。

 なおについてのエピソードは限りなく多い。
いつも中央公論を読んでいたこと、人を叱るときには孔子や孟子の話をを引いたこと。さらに、浪費癖が激しく、値札を見ないで欲しいものをどんどん買ってしまううえに、ワイシャツはダース買い、足袋も特注品しか履かないほど。借金をしに行くのにハイヤーを使うようなとんちんかんのところもあった。

 なおは昭和24年9月1日、上小川で71歳の生涯を閉じた。そして天平は初七日が過ぎるとすぐ、上小川を離れ東京へ向かう。それはまるで、「もう上小川にはいる必要がないんだ」とでもいうような突然の上京だったという。

 天平はその死をきっかけに、より求道的な道を突き進んでいくことになる。東京に出て、戦後の薄命な時代に落胆し、自らの道を極めるために、比叡山へ向かう。
 「人を離れ厳格に身をこらしめて、その寂しさから一層澄み透った内の詩を作るために…」






日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集
 
  画面上へ