GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 草野天平の頁
天平アンソロジー
草野天平の本
草野天平の言葉
わたしと天平
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
草野天平の本

安竜昌弘著『天平ーある詩人の生涯』

天平ーある詩人の生涯

B5版、 316ページ
天平の会刊
化粧箱入り、布張り
定価3,800円
送料340円

 草野心平の弟・天平を描いたルポルタージュ。昭和27年に42歳で亡くなった天平は、その凄絶な生き方と澄み通 った完成度の高い詩で知られている。晩年は、戦後の社会に愛想を尽かし、自ら比叡山に山ごもりをして、内なる詩をつくることにつとめた。残念なことに、志半ばして病に倒れ、早世したが、その詩を愛する熱狂的なファンは多い。
 本書は、未亡人の梅乃夫人、子息の杏平さんとの交流を軸に、天平の生きざまや「戦後」という時代などを丹念に描いている。特に、天平亡き後、残された梅乃夫人と杏平さんの天平を中心に据えた生き方まで言及していることもあり、家族の物語的な色合いが濃い。





草野梅乃編著『三重奏―草野天平への手紙』

草野天平への手紙

A5版
260ページ
彌生書房刊
定価2,500円
送料310円

 タイトルの「三重奏」は書簡、没後に寄せられたことば、没後の主な出来事の構成からつけられた。以前、天平の手紙と随筆を集めた『挨拶―草野天平の手紙』が出版されており、この本はその姉妹版となる。
 二つの本は、夫人・梅乃さんがいたからこそできた。草野天平という詩人の存在をなんとかかたちに残したい、その一存で梅乃さんは生きてきた。天平の手紙を集め、写 して返す、その繰り返しが『挨拶―草野天平の手紙』に結集された。今回の本はそれから、33年後の2002年、天平没後50年を記念して、発刊された。その中には、天平と交流のあった人はもちろん、天平死後に天平に魅せられた人たちの文章も載っており、「天平への思い入れ」が集約された内容になっている。この中で子息・杏平さんは「まさに本書は母の努力のモニュメントである」と書いている。



◆購入方法
日々の新聞社にメールかFAXで「購入希望」と明記し住所と電話番号、購入部数を知らせてください。確認次第、振り込み用紙をお送りいたします。
※尚、振込手数料70円は購入者が別途負担となりますのでご了承ください。詳しくは日々の新聞社に問い合わせてください。

◆お問い合わせ・ご注文

日々の新聞社
〒970-8036 福島県いわき市平谷川瀬字明治町83 2階
tel・fax:0246(21)4881
MAIL:hibi@k3.dion.ne.jp




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集
 
  画面上へ