GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 田人お伽草紙
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

 

おっかなぼうの森風川雲森遊虹

写真 虹のはなし


 内緒の話です。
この夏の終わり、四時のタイムトンネルを抜けた広場に、レインボーステーションが出現します。田人ー植田間を往復する“虹バス”の停留所で、乗客は虹を追いかけてナイトドライブするのです。
 考案者のシゲノブは、もう10年ぐらい虹をつくり続けています。最初は光や空気を材料に、目に見えないものを見えるようにしようと思いました。三原色のセロファンを使って、太陽の光で描く試みに挑んだこともあります。虹はある日突然、偶然にシゲノブの目の前に現れました。
 水と鏡でつくられた虹はとても美しい。その揺らぎ、鮮やかさ。空気や風、光によって刻々と変化する虹が空間に現れ、消えるのです。原理は違うけれど、物に反射した光を色に変えるプリズムも虹をつくるマシーンです。海の白波や飛行機雲、水面 の波紋など、風景の一部を虹にして新しい風景をつくります。
 シゲノブは虹を見るたびいつも感動します。その感動をみんなと共有したくて、いろんな場所で一緒に虹づくりをします。その時、そこに集った人たちだけが見られる虹。あどけないまでの無国籍さに、虹には言葉を超えた表現がある、とシゲノブは思うのです。
 夏の終わり、シゲノブは季節はずれのサンタクロースになって、虹をみんなにプレゼントします。それは今と昔、未来をつなぐ虹です。あなたの心に残っている虹は、いつ、どこで見たものですか?





日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ