GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS オンブズマン
 
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
紙面を読んで 第356号
FROM OMBUDSMEN
●第356号
●第357号
●第358号
●第359号
●第360号
●第361号
●第362号
●第363号
 
   

画・松本 令子 
 
 蛭田 優子

 2018年、新しい年が始まりました。
 原発事故以来、放射能のことは毎日頭をよぎります。しかし7年になろうとしている今、その危機感もどんどん鈍くなり、不安度も下がり、チェック機能もだんだん薄れている自分がいます。
 モニタリングポストの数値をながめ、変化のないことに安堵し、食物を購入する時もラベルを見て「まっ、いいか!」と手に取る。そんな日常の中、大越さん農家の生活が書かれていました。汚染マップとにらみ合い、記録しつつていねいに土と向き合う姿、農家の人々は私たち消費者より、尚いっそう真剣だし深刻です。
 ふと内部被曝のことを考えました。科学者のペトカウ氏が発見したペトカウ効果 。それは、低レベルの放射能を長時間照射されると、高線量 で短時間照射されるより、5000分の1の量で細胞膜は破壊されるというものです。つまり、少量 で慢性的な放射線照射は、高線量の短時間照射より、その影響が大きいということなのです。
 私はその文献を読んだ時、初めて内部被曝の恐ろしさを実感しました。そして原発事故が人類、そして自然をも一瞬に破滅する、人間による地上最悪のものだと思い知らされました。
 あれからもうすぐ7年…。放射能のことを、あらためて考えていかなければならないと思います。むしろ被害はこれからです。私の生存中には終わらない廃炉作業。その中で人々は外部被曝し、内部では残蓄して活動続ける放射能、そしていつ起こるかわからない巨大地震!
 人間とは実に愚かなものです。権力を握る人間の人格、知性、想像性が今ほど問われることはないと思います。
 夏目漱石は、ある講演の中で「権力者は人格者でなければならない。私利私欲にかられた人間が権力を持ったならば最悪である」と言いました。今日、その言葉が身にしみます。
 日々の新聞には必ず優れた庶民の生きざまが紹介され、日本国民ってすごいなあ、と感動させられます。それなのに、どうして政治家にはそういう立派な人が見当らないのでしょう。
 長年フランスで暮らす友が嘆いておりました。「日本国民は最高だけど、日本の政治家は最低だね」と。

 (声楽家)



 12月に、東京の本郷文化フォーラムで話をしました。主催は「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」。代表はいわき出身の講談師・神田香織さんで、テーマは「分断」でした。知り合いや読者の方などが来てくれて、とてもいいひとときを過ごしました。
 地下鉄の本郷三丁目駅で降り、歩いて会場に向かったのですが、日活本社のすぐ近くであることを確認し、散策しながら小さな中華食堂に入りました。東大が近くにあるせいか、客も学生や大学関係者と思われる人ばかりです。「どうしたら安い予算で調査ができるか」という話をしています。町の空気を感じられる、食堂ならではの体験でした。

(編集人 安竜昌弘)


日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  画面上へ