GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS オンブズマン
 
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
紙面を読んで 第347号
FROM OMBUDSMEN
 
●第332号
●第333号
●第334号
●第335号
●第336号
●第337号
●第338号
●第339号
●第340号
●第341号
●第342号
●第343号
●第344号
●第345号
●第346号
●第347号
●第348号
●第349号
●第350号
●第351号
●第352号
●第353号
   

画・松本 令子 
 
 先崎  千尋

 7月の紙面から、9月のいわき市長選挙で「誰に投票するか、決定打がないので決断できない」というため息が聞こえる。31日号には、東電福島原発刑事裁判初公判の内容が報告されている。市長選と福島第一原発の事故とその後の対策はリンクされないのだろうか。
 今月10日には茨城県知事選挙が告示され、東海第二原発再稼働が最大の争点になる。当初は、保守系から現職の橋本さんと首相官邸で決めた元経産省官僚の大井川さんが名乗りを上げ、原発は争点ではないと2人とも明言していた。 しかし、6月になって、東海第二原発の再稼働を認めないことをスローガンに鶴田さんが出馬を表明したことにより、風向きが変わった。
 鶴田さんは東海第二原発の廃炉を公約の第1番目に掲げている。それに対して、最初原発は主要な問題ではないと言っていた橋本さんは、「安全性などが未確保なら再稼働は認めない」と軌道修正した。原子力規制委員会が承認すれば、安全性は確保されたと言うらしい。さらに原発に賛成の連合が推薦している。大井川さんは「県民本位 の原子力安全対策」を言うのみ。経産省出身で自民党推薦だから、原発再稼働に賛成のスタンスだ。
 従って、今回の茨城県知事選は東海第二原発再稼働を認めるかどうかの実質的な「住民投票」になる。
 東海第二原発は、3.11の時、防波堤があと70cm低かったら福島第一原発の事故と同じ状況になっていた。危機一髪だったのだ。
 もう1度事故が起きたらどうなるか。東京オリンピックが開けないだけでなく、首都圏は壊滅。東海村の周辺に主要工場を持つ日立製作所もアウト。30km圏内に住む私たち96万人は流浪の民になる。逃げるにしても、那珂川と久慈川の橋が壊れたら対岸に渡れなくなる。逃げきれないのだ。
 もう1つ不安なことがある。北朝鮮が本気で日本を亡ぼす気なら、柏崎や福井ではなく東海第二を狙うだろう。東京にICBMを落とすよりも被害は大きくなり、効率的だから。
 こう考えると、私たちが東海第二をどうするかを考えるのではなく、東京オリンピックを成功させたいと言っている安倍首相がまっ先に東海第二を止めることを考えるべきなのだ。
※崎の字は立と書く方です。

 (農業・いのち輝くいばらきの会共同代表)



 「日本の夏は『死者の夏』、『慰霊の夏』です」。川本三郎さんからの葉書に、こう書かれていました。73歳の川本さんは「ひとり居」になって9年だといいます。いまは亡き素敵な奥さん、恵子さんとの電話でのやりとりを思い出します。
 8月は、広島と長崎の原爆の日、月遅れの盆の入り、新盆回り、そして終戦の日と続いていきます。「記憶の中の死者は死んでいないのです」。福島泰樹さん(歌人)の言葉です。

(編集人 安竜昌弘)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  画面上へ