GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS オンブズマン
 
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
紙面を読んで 第312号
FROM OMBUDSMEN
 
●第332号
●第333号
●第334号
●第335号
●第336号
●第337号
●第338号
●第339号
●第340号
●第341号
 
   

画・松本 令子 
 
 鈴木 薫

 もうすぐ3月11日。震災・原発事故から五年になるが、今また、同じことが起きたら私はどうするかな? と考えた。しかし、それを想像しても、その時、自分がどうするか、わからないのが正直なところだ。でも、きっと、その時、何かを「感じる」ことから考えて、行動を起こすことは間違いないと思う。
 この五年間、見えない・におわない・痛まない放射能を相手に、多くの人々がいろんなことを発信し、行動してきた。津波や地震の被害と合わせて放射能の問題は大きく、人々の暮らしに覆いかぶさる鉛のような重苦しさがある。
 何が真実で何が正しいのか、人の立場や国の進む方向により考えは左右される。けれども、1つ言えることは、その時素直に「感じる」気持ちは、正直な真実の人の心だと思う。難しい理屈や理論ではなく、「感じる」ことを大切にすることが、未来につながるような気がする。
 日々の新聞は「どこか変」「なにか違う」「本当にそれでいいの」という、言葉ではない「感じる」違和感をすくい上げ、私たちに問題提起してくれる。子どもたちに少しでも真っ当な未来を残すためには、その素直に「感じる」気持ちがとても大切なものだと思う。「感じる」気持ちを見つめて、そこから考えていくことがとても大きなことにつながっていくとしたら、私たちは、もっと目を凝らし、世の中の見えないものを見つめて「感じる」センサーを磨いていかなければならないと思う。

(NPO法人いわき放射能市民測定室「たらちね」事務局長)




 来月の3月11日、東日本大震災から5年を迎えます。その日が近づいてくると姿勢を正し、あらためて記憶の扉を開きます。
 ことあるごとに「震災歴のススメ」を訴え、あの原発事故とはなんだったのかを問いかけ、「人々の素の思いを伝えたい」と思ってきました。それが、福島の地域紙としての役目だからです。「時を戻せたら」「原発さえなければ」…。その言葉には深い悲しみと怒りがあります。終わりはありません。
  次の313日号は、3.11を取材する関係で、3月16日の発行になります。

(編集人 安竜昌弘)



日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  画面上へ