GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 風の通る家
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
風の通る家
第162話 フレデリック
第163話 心機一転
第164話 ことばカレンダー
第165話 ペパーミントの香り
第166話 スタバのプリン
第167話 東北を想ふ2017
第168話 15年という時間
第169話 除染対策課からの通 知
第170話 緑のベランダ
第171話 庭掃除
第172話 暑い日のごほうび
第173話 国会中継
第174話 取材ノート
第175話 NTTの代理店


NTTの代理店


見に覚えのない契約書が届いた

 8月の終わりに工事をして、電話の契約会社をソフトバンクからNTT東日本にした。1、2年前に突然、電話が使えなくなった時、修理までに少し時間がかかったのが頭にあって、代理店から「お値段は変わりませんから」との誘いの電話に、お願いした。
 工事が終わって1週間後、「24時間出張修理オプションご契約者のみなさまへ」という手紙が届いた。契約をした覚えがなかったので、代理店の担当者に電話をかけた。30分後に別 な担当者から連絡があり「申し訳ないが、NTT東日本のフリーダイヤルに電話して、契約を解除してほしい」ということだった。
 すぐにNTT東日本に電話をして事情を説明すると「月3000円のオプションなので、日割りにして600円かかります。もし支払いたくないなら、再度、代理店と話し合ってください」と言われた。
 引きずるのもいやなので、その場で解約し「このような苦情は、ほかにも寄せられていませんか。そちらの正規代理店なのか確認をして契約したのですが、これではNTT東日本の信頼も揺らいでしまいます。代理店をきちんと指導するよう、責任者に伝えてください」と言って、電話を切った。

 後日、T1ビルの4階にある「いわき市消費生活センター」を訪ね、同じような電気通 信事業の代理店トラブルの相談はないか聞いてみた。電話やインターネットなどの代理店による契約変更の誘いで、一昨年度には117件の相談が寄せられたという。
 「安くなる」「通信が速くなる」「契約サービスの名前が変わるだけ」などと言って、代理店は事業者やサービスの変更を誘う。昨年5月の法律改正で、クーリングオフに似た制度ができ、契約書の交付が義務づけられ、やや相談は減っているが、本年度も4月から8月までに40件寄せられている。
 高齢者のなかには内容もわからず、言われるままに契約してしまう人もいる。変更の手続きは代理店が全部してくれるが、解約は自分でやらなければならない。その際、いくつもの会社と認識のないまま契約を交わしている場合もあって、わかりにくい。
 誘いの電話があって契約するときは、いつ、どこのだれ(電話番号も含む)と、どんな話をしたのか、という経緯を、できれば詳細に書き残しておくことが大切という。そして、もし覚えのない契約内容の書類が送られてきたら、いわき市消費生活センター0246(22)0999に相談するといい。
 最近は、訪問販売ではなく「訪問買い」のトラブルが増えている。「家庭の不要品があれば何でも買い取ります」などと電話をかけてきたり、直接、訪ねてきたりして、強引に安値で買い取っていく。注意が必要だ。





日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集
 
  ホームへ画面上へ