GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 風の通る家
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
風の通る家
第151話 ティーセット
第152話 アップルパイ忌
第153話 かもめの玉 子
第154話 路地での出会い
第155話 彦根東高校新聞
第156話 Windows10
第157話 ホワイトセージ
第158話 縁は異なるもの
第159話 手摺りがついた
第160話 奇妙な鳴き声
第161話 放射線量 の測定
第162話 フレデリック
第163話 心機一転
第164話 ことばカレンダー
第165話 ペパーミントの香り
第166話 スタバのプリン


縁は異なもの


 台風9号が通り過ぎた8月23日の夕方、三和町から国道49号を下って北好間郵便局辺りで、リュックを背負い、のぼり旗を手にキャリーバッグを引きずって歩いている青年を見かけた。のぼり旗には「日本を歩く」と赤字で記されている。すぐ車をUターンして食堂「好間家」の前で声をかけた。
 青年は金子大樹さん(28)。カナダに語学留学した時、いろいろな人に世話になったのをきっかけに、世界中のコミュニケーションづくりを思い立ち、まずは自国の日本を知らなければと、徒歩での日本一周を実行している。
 原則、交通機関は使わず、自分の足で歩く。衣食住にお金は使わない。使っているスマートフォンの充電には太陽光発電を利用する――など、約束ごとを決めて、7月24日にJR千葉駅を出発した。
 1日、およそ20kmのゆっくりペース。九十九里浜から銚子、佐原を通 り、利根川を渡って、鹿島、大洗、水戸、ひたちなか、日立、高萩と歩き、いわきには8月18日に入った。海岸線を北上する予定だったが、福島第一原発周辺の道は歩いて通 れないため、四倉町から平に戻り、郡山、福島を経由して相馬に向かうことにした。
 食事は当初、草などを食べていたが、のぼり旗などを見てさまざまな人が差し入れをしてくれる。夜は野宿もするが、自分で戸をたたいて泊まらせてももらう。時には車に乗せてもらったり、知り合った人にバス代を払ってもらったりすることもある。
 のぼり旗に大きく書かれた「おカネは5円」。相談がある人、だれかに手紙を渡したい人には、ご縁をかけて5円の料金で応じている。これまでに相談は3件ほど、手紙の配達は1通 頼まれた。
 のぼり旗を持って歩くのは、午前9時から午後6時ごろまで。ほぼ毎日、スマートフォンを使ってブログを書いている。ブログのタイトルは「おカネは5円」。解約したスマートフォンなので、コンビニなどWi-Fiが使える場所でないと使えない。電話はLINEを利用している。
 相馬から北へ向かって歩いて青森まで行き、北海道に辿り着いたら青森に戻って、今度は日本海側を南下して沖縄まで、そして1年後には東京でゴールするつもりという。23日は夕方から雨が降り出したこともあり、平まで戻って日々の新聞の編集室に一泊して、翌日、天平・梅乃ルームでの読書会に参加したあと、再び郡山を目指して出発した。





日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集
 
  ホームへ画面上へ