GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 風の通る家
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
風の通る家
第151話 ティーセット
第152話 アップルパイ忌
第153話 かもめの玉 子
第154話 路地での出会い
第155話 彦根東高校新聞
第156話 Windows10
第157話 ホワイトセージ
第158話 縁は異なるもの
第159話 手摺りがついた
第160話 奇妙な鳴き声
第161話 放射線量 の測定
第162話 フレデリック
第163話 心機一転
第164話 ことばカレンダー
第165話 ペパーミントの香り
第166話 スタバのプリン


彦根東高校


 連休中に、滋賀県の彦根東高校新聞部が作った「彦根東高校新聞」456号が届いた。タブロイド判、12ページの新聞で、震災後は連載「福島をつなぐ」を続けている。456号でも10ページを連載に割いた。
 その連載のために部員たちは3月半ば、1泊2日で福島を訪れ、いわき市を中心に取材をした。いくつかのグループにわかれて、精力的に歩いたようで、紙面 にはさまざまな福島の表情が、浜通りを主に掲載されている。
 日々の新聞の編集室にも取材に来たので、時間をかけての丁寧な取材は体験済みで、上手に相手の考えや思いを聞き出そうとしていた。その姿勢にどこまで聞かれた側がきちんと答えられたか。届いた紙面 を読みながら、もっと明確に、わかりやすく伝えなければいけないと反省した。
 滋賀と福島の距離感、それに震災といっても福島は地震と津波だけでなく、原発事故が起き、状況はとても複雑だ。その現況を直線で約460km離れている高校生に、どこまでどうきちんと説明できるのか…。届いた新聞を眺めながら、そんなことを思った。
 高校生に福島の状況をきちんと伝え、わかってもらうことが、近未来への種まきになる。だから福島で暮らす私たちが経験していること、思い、考えをありのまま話す必要がある。そして新聞を発行する高校生たちも一過性でなく、次に取材に訪れる後輩部員に震災後からの福島の状況をレクチャーしないと、継続性のある記事にはならず、自己満足で終わってしまうだろう。





日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集
 
  ホームへ画面上へ