GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 風の通る家
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
風の通る家
第151話 ティーセット
第152話 アップルパイ忌
第153話 かもめの玉 子
第154話 路地での出会い
第155話 彦根東高校新聞
第156話 Windows10
第157話 ホワイトセージ
第158話 縁は異なるもの
第159話 手摺りがついた
第160話 奇妙な鳴き声
第161話 放射線量 の測定
第162話 フレデリック
第163話 心機一転
第164話 ことばカレンダー
第165話 ペパーミントの香り
第166話 スタバのプリン


かもめの玉子


 「震災を忘れないように」と、起きたことを放送劇の脚本にまとめ、CDも作り続けている岩手県北上市の横澤さんから「かもめの玉 子」をいただいた。
 このお菓子を作っている、さいとう製菓は大船渡市にあり、震災時に本社などが津波で流された。横澤さんの手紙には「高台にあったかもめの玉 子の工場は被災を免れ、この5年でやっと盛り返したそうです」と書かれていた。
 かもめの玉子は昭和27年、観光みやげのお菓子として作られた。その後、経営が悪化して製造を休止したが、チリ地震津波に襲われた翌年、再開。試行錯誤の末、いまのようなお菓子になった。
 震災後、さいとう製菓ではかもめの玉子を避難所に届けた。人々が生きていてよかった、また頑張ろうと思えるように。4月末には仮店舗をオープンさせたという。
 そのエピソードを知り、かもめの玉子ががんばる玉子に思えた。





日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集
 
  ホームへ画面上へ