GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
 
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

(7)しんぶんのおりこみちらしのしんぶんのおりこみ
1面 2面 3面 4面 5面 6面 7面
『100の指令』
 

 日比野さんは少年の心を持っている人だ。それはワークショップに参加するとすぐわかる。必ず、なぞなぞを出すからだ。今回のワークショップでも、色に対するイメージを質問していた。相手の感性を図るように。おちゃらけのようでおちゃらけではない。結構真剣にやりとりをする。先日も水戸芸術館で、手塚治虫の「W3」とジョージ秋山の「パットマンX」について、作品をつくる心という点で影響を受けた、と話していた。
 さて『100の指令』。この本は、ワークショップをする上でのきっかけというか、発想がぎっしりと詰まっている。自分をどう表現するのか、そのためのトレーニングが指令としてまとめられている。そして、今回の「コンセプトチラシをつくろう」のタネ言葉のようなものもある。例えば、「自分の描いた絵を街に貼ろう」「デパートの中で一番カッコイイものを探そう」「自分の看板を作って家の玄関に飾ろう」―などがそれ。さらに極めつけ、とも言えるのが「目と目の間にもうひとつ秘密の目があるのだけれど、その第3の目は自分では見れません。けどその第3の目でいろいろなものを見てみよう」。これが100番目の指令。
 日比野さんは本の裏カバーに最後のメッセージを書いている。
 「絵を描くということは、紙に絵の具で、絵を描くことだけじゃない。刺激を受けて、イメージを持つことが、絵を描くこと。イメージを持って、行動することも、絵を描くこと。行動しながら、ワクワクすることも、絵を描くこと。時間が経って、あの時のことを思い出すことも、絵を描くこと。だから、いつだって、誰だって、どこだって、絵は描けるんだ」


 
日比野さんのこと
 

 日比野さんは「ライブ感」や「即興性」という言葉を好んで使う。例えばワークショップをする。そこから何がこぼれ落ちるか、そこに今の自分が正直に出ているか、それが大事だ、と言う。そして「アートは職業ではない。コミュニケーション。だれかに自分の気持ちや感情を伝える方法」とも。日比野さんにインタビューした。

―これまでの人生で印象深い出来事は

 中学の卒業式を終えて教室に戻ってきた。すると突然、担任の先生が黒板に「二流」と書いた。そして「じゃぁ」と言った。今でも仲間たちと「あれは何だったんだろう」という話になる。自分は二流だと思っている。だって一流っていうのは一つのことを極める人のことでしょう


―芸術についての失敗は

 失敗はつきもの。それは次の課題になっていく。


―仕事はどうやって決める

 自分からは動かない。オーダーやリクエストがほとんど。過去のデータや実績で来る。でも正直言って、自分のコピーにはなりたくない。だから、自分をディレクションして、打ち合わせの中で相手を説得する。自分をどうドキドキさせるかが大事。


―食べ物は

 食べることにそれほど固執しない。好き嫌いもないけど、強いて上げれば肉より魚、ビールより焼酎。


―不安を感じた時は何を

 寝るかな。


―作品の意味はわかってもらわなくてはだめ?

 わかってもらえなくても自分の中になければだめ。


―魅力的な人間は

 わがままな人の方が魅力があるよね。それから、他の人の話も聞くけど自分の世界をきちんと持っている人。


―日比野さんにとってワークショップとは

 イメージから言うと新聞販売店のような感じ。そして、やるたびに宿題が出る。それをかたちにしていく。参加した人たちに見せる。その連続。体験したものをかたちにして見に来てもらう。ただ、それが地域とか社会の中で機能していかないと意味がない。


 

 


日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  ホームへ画面上へ