GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
 
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

(5)しんぶんのおりこみちらしのしんぶんのおりこみ
1面 2面 3面 4面 5面 6面 7面
コンセプトチラシは新聞に乗って家庭へ


 ワークショップで作成されたコンセプトチラシは印刷され、11月23日から12月2日まで、日比野さんの予告編のチラシとともに平の町内2000軒(毎日新聞・福島民報読者)へ配られた。


(1)日比野克彦の予告
 
 日比野さん手書きの予告。「明日からどんなチラシが入るんだろう」というわくわく感が溢れている。もう片面 は、かつて日比野さんが作ったヒビノ的な美しいチラシ。こちらはおまけ。


(2)コンセプトは「いわきの空」
 
 夜と昼を表と裏に配し、青で統一されている。青い蒲団や靴、さらに星形や月形のタンバリンも。微妙な青のメリハリが美しい。


(3)コンセプトは「弱いもの」
 
 「弱気」がテーマだけに優しいトーン。代表的な商品としては「ポケジュール」。元気づけてくれる秘書代わりの文房具。さらに、犬嫌いな人のための「カモキャッチ」など。


(4)コンセプトは「独特」
 
 逸品ぞろいで、デザインも個性的。例えば、鼻形のめがね置き、2個限定の足首形キーホルダー、19,000円もする高級鍋など。


(5)コンセプトは「風」
 
 風があってはじめて生きるものを集めた風の市。鯉のぼりやいわき特産の絵幟、魚の干物、さらに竹ひごの飛行機、風車など。


(6)コンセプトは「強い味方」
 
 ダイナミックで個性的なデザイン。徹底的に強いものを集めた。主なものは、刃物や包丁、アジアン雑貨など。伝統も強い味方としてとらえている。


(7)コンセプトは「くしゃくしゃ」
 
 柔らかいトーンのチラシ。薄い黄緑をベースにきれいに「街のくしゃくしゃ」が並んでいる。柏餅の原料である上新粉と柏葉、ポケットにも入る楽器・フルーツシェイカーなど。


(8)コンセプトは「訳あり」
 
 訳があって売れないものを集めたユニークなチラシ。呉服屋さんにある実物大のETやとり皮だけ、美空ひばりのサイン入りブロマイドなど。社会が垣間見られる。


(9)コンセプトは「フワフワ」
 
 ウサギの毛のバック、ダチョウの毛のホコリ払い、ミンクやキツネのウズベキスタン製帽子など、触感がフワフワしているものがいっぱい。


(10)コンセプトは「元気な子ども」
 
 片面 は小学生・佐藤創くんの傑作・子どもを守る防犯ブザー「バズガード」。とっても楽しいチラシで、終盤、ヒビノ氏も一生懸命手伝っていた。






岡田 かおり  

 ワークショップの苦手な私が、またも「アーティスト・日比野克彦」という名前につられて参加してしまった。今回はチラシ作り。そんなもの作ったことない。テーマも「コンセプトチラシ」。それって何?。自分たちでテーマを決めてそれに合った商品を商店街から選び、チラシを作って新聞に折り込む。そんなことしていいの!。だってそれは、自分たちの好き勝手で商品が選ばれてしまうんでしょ。でも、もしかしたら、こんなチャンス滅多にないかも。チラシ効果 として売れるかどうかは別として、おもしろいかもね!。
 街に出てみた。実際に街を歩いて商品を見つけ紹介するのって、大変な作業だった。その理由のひとつに、街の人たちの反応が薄いことがあった。取材方法が悪いのかもしれない。けど、商店側にとっても、またとないチャンスかも知れないのに。ワークショップの内容が伝えられていないのも残念だった。こんなこともあってか、商品について取材不足だったり、表現方法がうまくいかなかったり、と難航した。
 実際の商店が作るチラシも「どれをどのように載せるのか」なんて、チラシの上からは読み取れない苦労があるのだろう。しかし、今回は多少身勝手におもしろ楽しくアートとして(?)のチラシを作らせてもらった。出来栄えはさまざまだったが、みんなそれぞれに努力した成果 品だと思う。このチラシを見て買い物に行ってくれる人がいたら、うれしいなぁ。またこんな風に街をアートしてみたい。
 



 



日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集
 
  ホームへ画面上へ