GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
 
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

しんぶんのおりこみちらしのしんぶんのおりこみ(2)
 
1面 2面 3面 4面 5面 6面 7面
 
販売店の朝は真夜中
 


 新聞販売店の朝は早い。いまなら午前2時(夏は2時半)に、新聞が運ばれてくる。その新聞に前日、束をつくっておいたチラシを折り込み、3時〜3時半には新聞配達に出かける。
 新聞に折り込むチラシは1日平均16、7枚、多い時で35枚ぐらいある。以前はみんなで手でしていたが、いまは折り込み機が束を作ってくれる。平字大町の木部新聞店の場合、前日のお昼までにチラシが届けば、翌日の新聞にはきちんと入るという。
 このところの不景気でチラシの数は減っている。将来、チラシがなくなるかどうかはわからないが、経済に大きく左右されるため、チラシの置かれている立場は厳しいらしい。
 

見ようとしなければ何も見えてこない


 ハリー・ポッターに出てくる「ダイアゴン横丁」のような商店街がいわきにあったら、と思ったりする。狭い横丁は人で溢れ、掘り出し物を探せる店がひしめき合っている。そんな横丁だ。
 思えば、少し前のいわきには、ゆったりとした時間が流れていた。万年筆マニアの間では「もうどこにもない」と思われていたモンブランのアガサクリスティーバージョンが、街角のウインドウに発売当時の値段が付いて楚々と置いてあった。しかし、その万年筆店も今はもうない。

街を良く見よう

 日比野さんが、みんなに下した指令「コンセプトチラシをつくろう」は、「もっとよく街を見てみよう」ということだった。そして「世の中の常識を取り払って、好きなことをしてみよう。そうすれば見えないものも見えてくるはず」という思いが込められている。
 ある飲み会の席で。いわきで一番大きく信頼されている文房具屋さんの屋号が「○○紙店」であることを知った民俗学者が、静かに尋ねた。「地元の手漉き和紙は売っているんですか?」。すると社長が大汗をかきながら答えた。「それがぁ、コストが高いうえに仕入れが安定しませんで…」。

「ダイアゴン横丁」は身近にある

 商売って何だろう?、と思う。儲けなければ当然、店が立ちゆかなくなる。しかし、夢を売ることを忘れてしまったら、店は輝きを失う。好きなものを集めて、「どうです。いいでしょう。ほしいと思いませんか。売っているのはうちだけなんですよ」と、さりげなく弱い電流を流しているような、そんな店が好きだ。
 日比野さんはワークショップを通して「ダイアゴン横丁はみんなの近くにある」ことを教えてくれた。コンセプトチラシに出てくる商品の数々…。なんて魅力的なんだろう。しかもそれが、手の届く場所に確かに存在している。日比野さんに誘導された参加者たちが、埋もれていた商品を探し出して街に光を当てたのだ。今度は商店主や市民が、自分たちの手で店を、街を輝かせる番だろう。
 街は死んだわけではない。眠っているだけなんだ。見ようとしなければ、自分が動こうとしなければ、何も見えてこない―。日比野さんのまなざしがそう語りかけていた。


 


日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ