GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          


知るということ

日比野克彦写真

 世の中の事のどれだけのことを知ればいいのだろうか?政治、経済、文化、歴史、科学、社会、知っても知ってもキリがない。テレビでは最新のニュースを毎日報道し、書店では新刊が連日平積みにされ、そして新聞は朝夕と情報を印刷している。どうしてそんなにいろいろなことを知らせようとするの?「知りたい!」という需要があるから。早く知りたい、人が知らないことを知りたい、知らなかったことを知りたい、たくさん知りたい、そんなことを願っている輩がいるから情報屋はこの世の中にはびこっている。
 2年まえに「〜らしい姿」という35ミリの15分の映画を創った。都会の中に住む自閉症の男と山あいに住む野心家の女の物語である。男は過剰な情報に対応できなくなり、人に会うことを拒否し都会の中で部屋にひきこもり遠近感をなくしていく、女は人もいなく、何もない田舎に飽き飽きしここから離れて山の向こうに行きたいといつも背伸びをしている。そんな二人がある時突然入れ代わる、女は雑踏で溢れかえる都会のまん中に、男は田舎のなにもない山の中に現れる。そんな環境が激変した中で、しかし二人はとまどってしまう、女は人にもまれて背伸びさえできない、向こうを見ようとする行為さえできない、しかたなく彼女はしゃがみ込む。男はなにもない草原のまん中ではるか彼方にある山を見て遠近感をますますなくし、自分の位置さえわからなくなる。
 この二人は何を知りたかったのだろうか?知りたかったことを知った先には何があったのだろうか?知りたいことを知ることはどういうことになるのだろうか。
 いろいろなことが知りたいという目的は自分の事が知りたいということなのだろうか?いろいろなことを知れば、自分のことが知れるのだろうか?
 それは知る人の姿勢なんだと思う、多くを知ろうとしても無駄な行為である、自分の自分らしい姿をもって接していかないと何も知ることはできない。
 情報っていうのは新しいことを知らせてくれるものではなくって、新しい自分を気付かせてくれるものなんだと思う。





日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ