GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          



 「HIBINO DATE ON OUR TIMES」というタイトルの日比野克彦の個展をいわき市立美術館で行ったのは2001年の9月のことだった。9月12日に私は美術館のエントランスに設置された幅10m高さ2.4mの真っ白いキャンバスの前に立っていた。
  その前日の2001年9月11日ニューヨークではツインタワーに飛行機が突っ込んでいく自爆同時多発テロが起こり、世界中を凍りつかせていた。私もその映像をテレビの画面 に釘づけになって見ていた。頂点を極めているように見えるNYの都市にそれを拒否するものが牙をむいた瞬間。盤石の国家はありえない。盛者必衰の理を顕す。予期せぬ ことが起こることの動揺。人間の歴史が繰り返してきた残酷な場面 。私は大きな白いキャンバスに絵を描き始めた。
  あれから10年、再び、私はいわき市立美術館を訪ねていた。自分にとっての一番思い出深い場所は、個展のために運送されてきた作品が設営してあった館内の展示室ではなく、9.11の翌日に、自分の中では処理しきれない映像を抱え、自分が必死にそれを大きな画面 に問いただしていた、エントランスの外壁であった。
  2011年3月11日、私は生まれ故郷の岐阜にいた。東北ではマグニチュード9.0の地震が起こり、津波が沿岸部を襲い、世界中を凍りつかせていた。私もその映像をテレビの画面 に釘付けになって見ていた。防災に対しては充分な対策、準備をしていたかのように見える日本の東北の地域にもそれを上回る規模の災害が起こった瞬間。完璧な防災の国家はありえない。予期せぬ ことが起こることの動揺。自然の力が繰り返してきた残酷な場面 。私は大きな壁飾りをみんなでつくり始めた。
  いわき市立美術館で今月6月4日から「ハートマーク?ビューイング」というタイトルの壁飾りを作るワークショップをやっています。
 「HIBINO DATE ON OUR TIMES」のページが重なっていきます。

(アーティスト)
※紙面に掲載される画像はモノクロになります。




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ