GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      



 ザックジャパン凄かった! と今でもあの感動に浸ることが出来るのは、私だけではないでしょう。どうしてそんなことが次から次へと起こるのかというくらい、試合ごとにドラマがあった大会でありました。やはりサッカーは面 白い。ワールドカップも盛り上がりましたが、アジアカップも満喫いたしました。
 私は南アフリカの現場でワールドカップは生で見ましたが、アジアカップは日本で友人たちとテレビ観戦しました。テレビ観戦は、生でスタジアムで見るその迫力には当然かないませんが、テレビ観戦だけれど生を感じる応援スタイルがあるのです。それはマッチフラッグを試合までに制作して、テレビの前で振るのです。選手は映像ですが、フラッグは生です。そんなことぐらいで生の臨場感が味わえるのか? とお思いでしょうが、これがすっとこどっこい効果 テキメンなのです。
 試合に挑む時間をフラッグ作りすることで選手と共有する、つまり遠く土地は離れていても、フラッグを作りながら試合が始まるまでに、その距離をつめていくことができるのです。その近づいていくという時間があるのとないのとでは、試合を見ている時の臨場感が違ってきます。すべては見る側の心の持ちよう次第なのです。
 飛行機に乗ってドーハに行ったとしても、気持ちの持ちようでは臨場感がなくなる場合もあります。そこにいるかどうかは気分次第、思いこみ次第! 飛行機に乗らなくても、マッチフラッグという魔法の絨毯に乗ってドーハに行く事が出来るのです。出来たのです。ぜひこんどお試しください。
 で写真はアジアカップのチャンピオンになった翌日にこりもせず、試合が終わっているというのに、その余韻をエネルギーにして制作した、アジアチャンピオンフラッグです。やってくるであろう試合を楽しみにしながらフラッグを作るのもよし、あの大会はよかったなあー、と過去に浸りながらフラッグを作るのもよしです。ザックありがとう!

(アーティスト)
※紙面に掲載される画像はモノクロになります。




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ