GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      



 12月25日 朝8時出発。ギザのピラミッドへ
  濃い霧でピラミッドが見えない!入り口ゲートに来ても、すその所しか見えない。消えたピラミッド!撮影はどうなる!しかしじきに霧が晴れてきました。
 ピラミッドが砂漠の中で遠目に見えるところまで歩いて行く。今回で4回目くらいのピラミッドで、今まではそばにしか行かなかったが、離れてみる景色は砂漠の中にぽつんと存在し、その偉大さがひと際感じられるものになっていた。
 今回は4回目にして初めて、ピラミッドの中に入った。狭い通 路を腰をかがめながら登っていくと部屋があり、黒い御影石で磨き上げられた壁が、そして面 と面がぶつかった角が4つ天井にある。声が響き、荘厳であり、宇宙であり、時間がどこにも存在しない完ぺきな空間演出である。どうするここにいる?いつづける?しばしいたくなる。しかしそういうわけにはいかない。でもここに結構いられる気持ちになるのはなんだろうか?やはりピラミッドの中だというその意識が大きいのか、それとも実際にピラミッドの中だからこそ体感できる要素があるのか、声の響きは尋常ではない。これまできいたことのないような響き方である。
 やはり空気の振れかたが違うのだろう。それは肌でも感じているに違いない。古代エジプトの人達はこの空間に何を求めていたのだろうか?永遠の命の時間の流れ?「どうやってピラミッドを造ったのか?」という話はよく聞く話であるが、それは外観を見て、こんなにも大きな石を、どうやって人力だけで積み上げたのだろうかという話である。
 しかし「どうしてあのピラミッドの内部にある部屋を作りたかったのか?」という話は一般 にはあまり聞かない。正解はあの内部空間を創り出すには、あのピラミッドの外観が必要だったということなのである。人間の形を作ってから命を入れたのではない。命の中での営みが生き物の形になり人になっていったのである。

(アーティスト)
※紙面に掲載される画像はモノクロになります。




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ