GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      



 「種は船」という種の形をした記憶を運ぶ船の造船が舞鶴で行われている。これまでに金沢で3隻、横浜で2隻、鹿児島・種子島で各1隻の計7隻の「種は船」を造船してきた。舞鶴では3年計画で港に浮かべ出港して航海に出る計画を立てている。初年度の今年は、地元での仲間づくりから始めている。
 舞鶴でつくるからには舞鶴の人達の手によって造船したい。舞鶴の人の手によって造船するならば、舞鶴の人達の記憶を運ぶ気持ちをそこに込めていきたい。この点がアートプロジェクトの大切な肝心なところである。
 舞鶴には大きな造船所がある。海上自衛隊の基地でもあり、船文化に親しみのある人々が多い。とはいえ市民には軍港のイメージが根強くあり、港がそれほど親しまれている地域とはなっていない。港には赤煉瓦倉庫が10棟近くあり、そのうちの2つが文化施設に改装されているが、まだ多くの赤煉瓦は現役で自衛隊が使用していたり、放置されていたりする。このような赤煉瓦地域の再生が「種は船」の造船プロジェクトをこの舞鶴で行うきっかけとなっている。
 舞鶴は日本海に面した京都府下の市である。京都駅から山陰線で2時間弱かかる。東京から京都までが新幹線で2時間強。乗り継ぎ如何で東京から4、5時間の所。9月からこのプロジェクトは実際に動き始めて、何度も舞鶴―東京間を往復している。日帰りもするし、朝いちの5時30の始発で舞鶴を出て、東京に出かけたりもした。考えてみると、アートプロジェクトの肝心なところは、どれだけ「通 う」か?ということとも言えるのだろう。もしくはどれだけそこに「居る」か?。
 今回のこのプロジェクトでは「通う」ことは私が行って、「居る」ことは、日比野研究室を卒業した五十嵐靖晃に任せてある。彼は数多くのアートプロジェクトの現場を経験していて「居る」こと、つまりアートプロジェクトに於けるレジデンスアーチストとしてのその手腕は周りが認める人物である。舞鶴では五十嵐はドッグヤードマスター(造船所総責任者)と呼ばれている。
 五十嵐の舞鶴における仲間づくりは、問題を抱えながらも着々と進み、10月16、17日の初年度のこの活動のお披露目の日を迎えようとしている。「種は船」もその人との関係が深まるとともに出来あがってきている。

(アーティスト)
※紙面に掲載される画像はモノクロになります。




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ