GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          




遠くまで来たと思っていたら御釈迦さんの掌の上でした。


 明後日朝顔プロジェクトは新潟から始まって8年目になりますが、昨年は22の地域の参加となりました。しかしその中に私が住んでいる東京は入っていませんでした。「紺屋の白袴」というか、自分が暮らしている東京が明後日朝顔的には手つかずの状態というのはいかがなものなのか? という疑問を感じる暇もなく、日常をせわしなく過ごしているのが実情でした。
 考えてみると、アートプロジェクトを行うにあたり、東京を離れた時点から活動的なスイッチが入るという、まるで東京というところは土地でなく、アクションを起こす地域を俯瞰しているポジションであり、まるで宙に浮いた衛星の指令室のような存在だったのかもしれません。しかし私にとって東京と地域との関係はそれを望んでいたような気がします。
 「ホーム→アンド←アウェー」方式というアーティスト活動を行う上での私の考え方があります。2つの地点を行き交うことによって互いのらしさが見えてくる。これは明後日朝顔が種という「記憶の乗り物」が人を乗せてこちらの意思とは関係なく動いた結果 生まれてきたものなのですが、参加地域が増え、多層的になってくる関係に埋まるのではなく、絶えず客観視できる立場でいたいという気持ちが働いていた結果 、東京での展開は自分の中で積極的に引き起こすものではなかったのだと思います。
 しかしその敬遠策も通じなくなってきたのです。自分を取り囲む流れが変わったり、生まれたりするきっかけは、いつも人との出会いから始まるものだと、これまでの経験上実感している私は、東京以外の地域で交友があったM氏とN氏が東京で活動を始めたあたりから、地域限定の流れが逆流してきたことを認識しはじめてきたのです。もはや東京は俯瞰できるポジションではないのだろうか? という東京の存在意義なども考えざるを得なくなってきました。
 しかし一方では新たな視点も表れて来出したのです。それは「東京の中に日本がある」というフラクタル構造的な関係性です。私の知っていた東京は実にごく一部であり、東京を構成している地域性、そしてその関係性は日本の首都という名のもとにおいて覆い隠されていた実に多種多様な集合体であったのではないかという見方です。
 今年から明後日朝顔が東京都千代田区にある廃校になった小学校で始まります。8年前に新潟で明後日朝顔を始めたのも廃校になった小学校からでした。なにかまた繰り返しているようなフラクタル構造的な気分です。

展覧会情報
3331 Arts Chiyoda 「見るまえに跳べ」
2010年3月14日(日)〜4月11日(日)
12:00〜21:00
会場:3331 Arts Chiyoda
(東京都千代田区外神田6丁目11-14)
日比野は「HからAへ移動した時に起こること。」というタイトルで、エジプトや南米など遠くへ移動した際に現地で描いた作品を初めて展示します。

(アーティスト)
※紙面に掲載される画像はモノクロになります。




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ