GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      






 アムステルダムにある国立芸術大学を訪ねた。陸軍の厩舎であった建物を改造した校舎はアトリエが旧馬小屋というユニークさである。学生数は50人で2年制の少数精鋭の機関である。世界中から毎年2000人近い応募があり、1年かけて25人を選ぶという。国外の学生を積極的に選んでいるという。
 オランダの気質だと思うが、この国は土地が豊かではない。水路が巡っている状況が示すように、海辺の湿地帯に築いた国である。故に外に土地を求めていくという歴史がある。大航海時代にはオランダの国王がパトロンとなり多くの船が新大陸を目指している。そんな伝統がこの学校にもあるような気がする。
 アムステルダムの街の交通機関は路面電車である。これはヨーロッパの町に多くみられるが、ここの特徴は自転車通勤の多さである。自転車専用の道路が車道と歩道の間にあり、間違ってそこを歩いていると、車道を歩いているのと同じくらいとんでもないことになる。
 何故こんなに自転車が多いのか? 答えは簡単である。坂道がないからである。あるとしても、橋を渡る時のちょっとしたゆるめの太鼓橋のふくらみほどである。
 学生は自転車で市内を駆け回り、大学は国際的に世界を駆け巡る。新幹線や国内線飛行機で国内を駆けずり回っているのとは、何か価値観が違っている。
 運河には小舟が連なって停泊している。どこに向かうというより、船上で生活している居住空間の船もある。いつでもどこにでも行けるけれど、しばらくはここにいる。陸上という領土より、どこでもない水の上での時間を好む人がそこにいるのだろう。これもまた土地に恵まれないが故に育まれた性質であろう。
 ないものねだりをするより、自分たちが持っているものすべて引き受けて工夫してこその、オリジナリティーである。オランダはそんなことを気づかせてくれる国である。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ