GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      








 想像力がある、ない。想像力とはいったい何だろう?想像力というからには文字からいって、やはり力であるのだろうか?つまりエネルギーというものなのだろうか?私は今、なるべく小さいエネルギーのことを考えている。小さい想像力に注目したい。「想像力が豊かだね」という言葉よりも、「想像力が少ない」という点にこそ、想像力の正体があるのではないかと考える。種子島から宇宙にロケットを飛ばすエネルギーよりも、カレーを煮込むエネルギーのことを追求したい。
 白衣を着た研究者が実験室で行なう10年計画は人類に大きな進化をさせるべく膨大な予算をかけて日夜努力している。かっぽうぎを着たお母さんが今晩の献立を考える。この二つの想像力のエネルギーを比較してみよう。前者は非日常であるがゆえ、凡人には届かない理解不可能なエネルギーを出している。後者は日常の中の些細なエネルギーを出している。しかし両者ともエネルギーを出しているという点に於いては同じであるという点に注目したい。想像力があるからこそ日常が乗り切ることができるのである。想像力を日常に生かしているからこそ生活できているのである。想像力というものは身近な力である。決して特定の人だけがもっているものではない。小さいエネルギーは個人の時間の中で常時働いているのである。
 このような考え方が、より芸術というものを身近なものに、また芸術と言うものをもっと活用し機能させる上では大切なものになっていくのだと考える。想像力を持っているんだという意識、その積み重ねで生活ができているんだという意識が、想像力を把握することができ、個人の中でその存在を確認することができるきっかけになっていくのである。
 (2003年9月9日(火)水戸芸術館でのワークショップ「その日の刺激はその日のうちに」の会場にて)
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  ホームへ画面上へ