GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      






 アウトサイダーアートという言葉が世に出始めて10年位 経つだろうか。障害者アートという言葉と同義語として使われがちだが、ちょっと違う。正規の美術教育でない環境から出てきた美術作品という捉え方が妥当だろうか。
 このあたりのネーミングは障害者という言葉も含めて難しいところではあるが、1900年前半にヨーロッパでクレーとがデブッフェなどが見出してきた美術領域である。スイスのローザンヌにアール・ブルット美術館というこの手の作品だけを収集している美術館がある。日本にもボーダレスアートミュージアムNO−MAという美術館が滋賀県近江八幡市にあり、魅力的な作品を常時展示している。
 その美術館主催の展覧会「飛行する記憶」が12月7日までNO―MAと近江八幡市内にある旧吉田邸という古い民家で行われている。そこに私も参加した。旧吉田邸にNO−MAから推薦のあった2人の表現者とともに私の段ボールで作った船とドローイングの作品が出品されている。展示空間は土間・上がり縁・和室・床の間などがあり、その間取りを生かして、私を含めて3人の作品をインスタレーションされている(【写 真】は佐久田祐一さんの作品と段ボール船が展示してある様子)。
 佐久田さんの作品は言葉を切り文字で制作されており「つばめ・しずか・らくせき」など、その日の記憶から気になった言葉が色紙でコラージュされている。私の船も色紙でモザイク状に隙間なく船体を覆っており、どこか彼の作品と似ている。佐久田さんが船を作ったと言っても「なるほどね」と思ってしまうだろう。私自身でさえ、そう思おうと思えばそう思えるほどである。しかし違っているのは第三者(鑑賞者)を意識しながら制作したのかどうかというところなのだろうか。このあたりは本人と会って確認はしていないから推測でしかないのだが、もし無意識で行っていたとしたら、ある部分うらやましく思える。
 この展覧会のタイトルにあるように、記憶を飛行させることが何の訓練もなくできる身体機能を持っているということは、美術にとっては障害ではなく優秀な能力といえるであろう。このような作品に接する機会をより多く持つことによって、美術という世界の理解がより広まっていくのではないかと思う。私も佐久田さんの住んでいる沖縄にいつか訪ねて美術の生まれる現場をみて、その世界の広がりに接してみたいと思っている。 
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ