GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          



 先日あるお寺さんに行ってきました。このお堂が素晴らしかった。今までに見たこともない内部空間でした。私は3時間ほどそのお堂の中で、不思議な時間を過ごしました。
 何がそんなに引き付けるのかというと、阿弥陀如来が動くのである。雲に乗って西方の彼方からやってくるのである。何をばかなことをいっているのだ! と怒っているあなた、ほんとそうなんだから。
 しかし遊園地のアトラクションじゃないですよ、お寺です、電気仕掛けではございません。でも誰もが見えるというわけでもないし、お堂の中のどこでも見えるというわけでもないのです。まずは仏像の正面 に座ります。5センチでも左右にぶれてはいけません。そして仏さまのお顔をじーーーと見つめます。10秒…20秒…あっ! 瞬きはしてはいけません! するとどうでしょう。お堂の柱や梁が光背と重なってきて遠近感がなくなってくる視覚トリックに襲われてくるのです。万華鏡のように顔の周辺が動き始めるのです。そして光り輝く雲が現れてくるのです。
 頭がおかしくなったわけではないですよ。ではなぜこのように見えるのか解説いたしましょう。お堂の梁はシンメトリーに仏さまを中心に放射線状に出来ており、梁の下面 には白い線が装飾されているのです。これが空間すべてを光背にさせてしまうのです。そして視点を動かさないと遠近感が失われます。これは見るほうの工夫です。すると空間すべてが同一面 に見えてきて、万華鏡のようなモザイク状に見えてくるのです(空間は遠近感がなくなればモザイクになる)。そしてなぜ動くかはここからです。
 このお堂は西の壁だけに窓があり、夕暮れ時には西日が窓から入り、床に反射するのです。すると金箔の阿弥陀如来の肌の色は光が動くと共に変わっていくのです。お堂の中の色もあっという間に変わり、それを正面で見ていると、やがてお堂の空間をモザイクに変化させた万華鏡は動き出すのです。そして窓の光は如来の足元で輝き、雲に見えてくるのです。

 とても貴重な体験でした。そんなところがどこにあるのかは、言えません。「何事も縁」。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ