GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          







 「絵を描くことと演じることとの違いと違わないところについての話」というタイトルでつれづれに描きだす。これはこの夏に行われるプロジェクトのコンセプトのたたき台にもなる。
 絵を描くように演じられることができるのだろうか? 演じるように絵を描くことができるのだろうか? 絵を描いている時によく思うことは、勝手に身体が反応しているところである。あまり技術的なことは考えていない。だから考えているのは目先のテクニック的なことでなくって、もっと全体的な先のところを俯瞰している。
 演技するということもきっとそういうことなんだろう。細かい動作のことを気にしているのではなく、そんなことは勝手に身体が反応していて、もっと深層心理の奥深いところのことをイメージしているのが演技というものなのであろう。演技者を見ている自分がそこにいる場合、その演技者が自分であるということ。  絵は面白い。特殊な能力ではない。手先からものが生まれてくるという行為は人は皆、興味を注ぐ。どんなものが生まれてこようが、生まれた! 生み出した! という事実には変わりはない。そのものだけが面 白いのではなく、その行為が面白いと言える。
 その行為は身体表現である。その行為は演技的には意図的ではないが、本人はある目的を持って行っている、ということでいえば演技ともいえるのだろうか?  絵を描く行為は作為的ではある。しかしそれを読み取る観客によってそれが作為的でなく見えてくる場合がある。だから絵は作者は1人ではあるが、つまり絵の作為は1つであるが、観客にとっては様々な捉え方をされるものであり、それは雑多である。
 絵の中で自分を演じる作為が観客に伝わった時にそれは作為的な物には見えてこなくなる。演じるという行為が伝わった時にそれは演技ではなくなってくるということ。
 自分の知らない自分を他者が見つけ出してくれる。それを自分で確かめることは、自分で見ることはできない。しかしいつも自分が作為的な演技、行為としての描画をしていなくては他者にそこは伝わらない。
 他者が自己を投射してくれているというのが表現であるということ即ち観客に見る力があるからこそ自己の表現があるということ。演技者を見ている自分がそこにいる場合、その演技者が自分であるということ。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ