GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      






 地域にはいろんな区分の仕方がある。たとえば日本を大きく分けると、東と西でその境は岐阜県関ケ原と言われる。
 東西では食べ物の出汁のとり方が違うとか、エスカレーターに乗った時に急いでいる人が歩く場合、右なのが東文化で、左なのが西の文化という習慣がある。関ヶ原近くの垂井という東海道本線の駅はこの両方が混在していて、垂井より1駅東の駅と西の駅ではきっぱり分かれているらしい。私は岐阜市で生まれて高校までいたので、このあたりの区分には詳しいというか、あいまいさを知っているというか、混ざっている状況を生活文化の中で感じて育ったという実感がある。
 中部地方は愛知・岐阜・三重・長野・富山・石川・福井そして静岡という区分になる。東海地方とは北陸3県の富山・石川・福井と長野県を抜かしての愛知・岐阜・三重・静岡になる。東海3県っていう言い方もある、それは静岡を抜かした愛知・岐阜・三重の3つを言う。2つの県だけの地域区分の言い方は正式にはないが、スポーツ競技などでは三岐大会(三重と岐阜)とか幹線道路で名岐バイパス(名古屋と岐阜)という名称は存在する。というように、あるときは仲間になったり、あるときは外れたりと、その時その時の都合によって色分けされる。
 そんな近隣の県の中で、ましてすぐ隣なのに岐阜の人が三重に行く機会というのは少ないような気がする。それは交通 の便として名古屋を間に挟むから、両県が名古屋に吸収されているからであろう。三重も岐阜も名古屋という高見に向いている故にその先が見えていないのが現状である。なぜそんなことを急に言い出したのかっていうと、つい先日、三重県に行ってきたからである。その時に「三重県って近い存在で耳にはするけれど実際にはそういえば来ていなかったなあ」と感じた。
 私は名古屋から2時間半かけて(新幹線なら充分東京までいける、)尾鷲という町に行った。その目的は桧の森での材木の物色である。今度の展覧会で使う材料となるかも…というリサーチである。いいとこだった。行ってよかった。また行きたいから、ここはありかな…。岐阜の近くにあるのに知らなかっただけに驚きも新鮮であった。
 岐阜から見ると名古屋の先には東京方面か大阪方面 しかなかったけれど、これからは三重方面がひとつ増えました。こうして自分の地図は増えていき、自分の中で自分の地域区分が出来上がっていくのですね。遠くは見えるけれど、近くが見えていなかったということってあるもんね。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ