GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          






 金沢21世紀美術館で3月20日まで行っている個展「ホーム→アンド←アウェー方式」は各地の私が行っているアートプロジェクト活動に金沢の若者が出向いて参加し、外から自分の故郷を見つめ、また訪ねた地で金沢のことを語ることによって自ら再確認するというプログラムをもとに展開していったプロジェクトである。これを来年度も続けて行うことになった。今年度はこのプログラムを明後日朝顔プロジェクトと絡めて、朝顔の育成を各地での共通 言語として行っていった。
 来年度は故郷と遠征地という場所性のホームアンドアウェーから視点を変えて、領域でのホームアンドアウェーということを考えてみる。つまりアートというホームの領域と、それ以外の領域をアウェーととらえて、そこを行き来するという形に持っていこうと思っている。
 そこでアウェー領域として取り上げたのが「演劇」という世界である。これはアートを取り込んでいる領域ともいえるし、アートの中の領域とも見える部分もある。美術館という箱と劇場という箱がある。このふたつには様々な表現が実験的に試行錯誤され続けているところだが、それぞれの箱の中で最も典型的なものの姿をあげると、身体と言語が空間の中で時間にコントロールされながら物語を紡いでいくという演劇と、身体の行動の軌跡を言語思考でコントロールしながら空間に定着させるというアートという言い方ができるのであろうか。
 この特徴を踏まえた上において、舞台というメディアを展示室の中に出現させるとどのようなことが起こってくるのか? まずは舞台という彫刻的な立体作品を制作する。この作品は人が入り込むことが可能な、というか身体を取り込んで成立する作品になる。舞台に立って、彫刻作品の中からこの立体作品を鑑賞することが出来る、とともにその姿は舞台の外の観客席スペースから鑑賞されている。舞台と客席は行き来が出来る構造になっている。
 舞台では時折、意図的に観客に伝えようとする者も現れる可能性がある。舞台に立つという状況は日常の中には存在しないことではあるが、それが展示室という作品の舞台の中に現れ、出演者としての観客はどのような演技をするのか? この個人の中においてもホームアンドアウェーという領域が出現してくるのかもしれない。
 このような装置の中でアウェーの先導者として野田秀樹さんを、今回は呼ぶ予定である。さてHIBINODA的な化学反応がどのように起こるのか楽しみである。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ