GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      








 一昨年12月22日の冬至の夜に岐阜市長良川で行われた「こよみのよぶね」は1年の時の流れの中で育まれていく。時間は川の流れのように過ぎていき、人はその中で未来を想像したり、過去を振り返ったりしながら今という瞬間瞬間を重ねていく。人は時間を使って考えを形にしていき、時間はその形を人に記憶させ、次なる考えを起こさせる。時間があるからモノは生まれ、時間があるからモノが朽ちる。その繰り返しが人に時間の存在を気づかせてくれる。
 時をすごす行為が生きるということ、そして時の中で考えが生まれ、形が生まれ、考えが変化し、形が変化していくことが生きているっていう現在進行形。
 こよみのよぶねでは竹と和紙を使って1から12までの数字の形の大型行燈を制作して、屋形船の屋根に載せて川を下って来る風物詩である。12の数字は市民の手で半年かけて作られた、そして1月14日の左儀長(どんと焼き)でそれが火に投じられて灰と煙になる。何もないところから生まれたものがまたなにもなくなる。何もなくなったから、また生み出す力がそこに生じてくる。この繰り返しが「こよみのよぶね」である。
 左儀長の舞台は長良川からほど近い長良天神で行う。まずは「火おこしの儀」が執り行われる。神殿の中で神主さんが古来からの道具を使い火をおこす。気の軸が回転し、木がこすられて煙が出る。ある瞬間に火が「ぼっ!」とおこる。この火がすべてのものもとへと戻してくれる。竹と和紙でできている高さ3mほどの巨大なこよみのよぶねの行燈に火がつくと「めりめり」と音をたてて大きな炎に包まれる。製作してきた参加者から「あー燃えてしまう…」と一抹のさみしさとはかなさとが入り混じった声が出る。子どもたちはその豪快な姿に喜んでいるようだが、大人たちは複雑なようだ…火を見つめながらしばし無言…。
 消えてなくなったほうがいいと頭では分かっている、けれど生み出したものが消えるのが目の当たりでみるとつらい。しかしこれも含めての時の流れの「こよみのよぶね」なのである。また創る。時を使ってまた創る、その中で人は人と関わり生きていけれる。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ