GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      








 昨年岐阜県立美術館で制作した「DNA RIVER」が今は金沢21世紀美術館で展示されている。ここで驚いたのは、場所が異なるとこれほど印象が異なるのかという事実である。岐阜で作った時には、長さ60メートルある長いエントランスの場所を生かして、床一面にダンボールを敷き詰めて、3か月かけて来場者たちが、2センチ四方の紙片を一枚一枚丹念に貼っていき川の流れを再現するワークショップを行った。360平方メートルほどの面積は最終日には大河になっていた。それは見事な出来栄えであった。川の上には橋が3つ架っていて、岐阜の人間がみれば誰もが岐阜市を流れる長良川だとわかる情景が美術館の中に出現した。
 一方金沢では、この作品を長期インスタレーションルームの壁と床に展開した。すると部屋中が水の流れで満たされた状態の風景が出現した(写真)。水平な面にあるべき水が、壁の垂直面に立ち上がり、四方をぐるりと渦巻いているようにみえる。もしくは天井の高さまで水があり、最近の大型水族館の特大水槽のように、水の中に入ってきてしまったのかと思ってしまう迫力がある。
 このようなそれぞれの場所の特性を生かして展示できるのは作品のモチーフがというか要素が水だからである。水は形を変えた器にでも柔軟にその姿を変えることができる。こんなあたりまえのことなのだけど、2つの場所で展示をしてみて初めて気づいたことであり、今までの作品でこのようなことはありえなかった。なによりも岐阜のみんなのひとつひとつの貼って行く行為の熱意があるからこそ、場所を選ばずその迫力が伝わっていっているのだと思う。次はどこに行くのだろうか?楽しみである。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ