GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      








 この夏は金沢21世紀美術館で作品制作の日々であった。東京にいた日は××日だけで、展覧会の準備に没頭していた。金沢にいたとはいえ、鹿児島・徳島・熊本でこの秋冬に行う展覧会の準備もあり、北陸から九州・四国へと移動しなくてはならないケースもあった。
 移動は時間節約のため一番早い飛行機を使うのだが、金沢から一番近い空港の小松空港からは四国・九州は便がない。羽田空港経由になるのがなんともムズガユイ。乗り継ぎが悪かったりすると、これまた時間のロスである。となりの富山空港からは福岡便がある。
 8月末から9月にかけてのある日の日程は、金沢→氷見→徳島。氷見というのは富山県の能登半島の付け根にある町である。ここで行われているアートプロジェクトにもこの夏参加し、金沢から電車で2時間ほどのところにある。問題は北陸から四国への移動である。小松・富山からの羽田便は乗り継ぎが悪く、福岡→徳島という便があり、福岡経由で徳島に移動した。地図で見ると直線距離の倍くらいの移動距離になった。でもそのほうが時間的には近いというか早い。便利な飛行機を使いながらも効率の悪さを感じた。日本のサイズにあった移動手段がもっとあっていいのにと思う。
 需要がないから便がない、便がないから行き来がなくなる。強いところが勝ち残り、弱いところが消えていく。もし飛行機がもっと気楽なもので、隣町にバスで行くような気分で、飛行機に乗って日本中の町に行くことができたら、きっと今までになかった、こと・もの・ひとが生まれてくることであろう。大きな飛行機でなくともセスナ機のような小型機が地域と地域を頻繁につなぐようなことができたら、日本地図の意識も見え方も変わってくるような気がする。
 タケコプターがあればいいんだけどね 。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ