GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      








 展覧会を行うごとにマークを作るのがなんとなく習慣になってきた。水戸での一人万博、大宰府でのアジア代表日本、岐阜でのHIBINO AND DNA。そして来シーズンは3つの展覧会が待っている。金沢・霧島・熊本の3カ所である。これらの共通 のテーマとして今考えているのが、「HOME AND AWAY 方式」という言葉である。この用語はスポーツに良く使われる言葉であるが、これを美術館で行われる展覧会に応用しようということである。いったいこれはどういうことになるのか?
 最近の私の活動は、地域に長期滞在しての制作を地元の人達と行うものが多くなっている。新潟、水戸、岐阜、福岡、横浜などである。各地域で一緒に事を興したスタッフたちが、次のプロジェクトに関わったりする。すると地域同士の人間の交流がそこに生まれてくる。「こんどうちにおいでよ」「じゃあいってみようかな」の連鎖である。これは何かに似ているな? と感じたのは今年のワールドカップでビジターとしてアウェーの地であるドイツに乗り込んで、日本を応援したときであった。
 ホームアンドアウェー方式という言葉を前面的に出して、人の流れを主題にしてアートを切ってみようかな? ということは拠点(ホーム)が多くあればあるほど流れが出来る。しかしいったいどんな活動になっていくのだろうか?
 こんなときは、つまりイメージが漠然とあり、言葉が先に生まれてきたときは、まずはシンボルマークを制作する! という日比野流の進行のしかたである。マークを考えることによって、メインになるものは何かをブラッシュアップしていく。ということで考えたのがこのマークである。これはほんと一発目のスケッチである。きっとこれから先このマークが形を変えていくことになるのだろうが、センセーショナルなのは、正式なマークどころか、中身も決まっていないのに、マークの一発目のアイデアスケッチを公表してしまっているとうことである。そうすることによって、ホントにやるんだという決意表明的な意味もある。
 日々の新聞をお読みの皆さん! あなただけにお見せしましたから…今後どうなるか楽しみにしていてください。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ