GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      








 それとも…。もしかしたら…。そして…。この…をなんと言うのだろうか? 一般的には「てんてんてん」と声に出すときは言っている。私はこの、てんてんてんを文章の中でよく使う。どんな場面 で使うかといえば、必ず文章の終わりの部分で使用する。言葉を言い切ってしまうのではなく、次に繋げる意味として、その先にも何かがあるというサインとして、てんてんてんを使う。てんてんてんの説明文があるとすれば、「継続する意・言葉の余韻・沈黙」というあたりであろうか。
 HIBINO DNA AND… 「日比野克彦応答せよ!!」というタイトルの展覧会がもうすぐ、岐阜県立美術館で始まる(10月20日〜12月24日)。
 このタイトルの中での…は、そして…の意である。そこにどんなものが入ってくるのか? つまりこの展覧会は日比野克彦の呼びかけともいえる。すでにこの呼びかけによって、銀行が動き出した。市街地にある昭和14年に建てられた石づくりの支店が移転することになり、この空間を生かして何をするのか? ということで「HIBINO DNA AND 16BANK」という動きが始まった。16というのはこの銀行の名前が十六銀行という名称からである。
 ここではクリエイター・アーチスト・作家などをより多く知ることが出来る空間にしていきたいと考えている。ギャラリーの機能だけでは、数がこなせない。よってポートフォリオ(A4サイズくらい、20ページくらい)をここに保管して、1000冊くらいのアーカイブにしようというアイデアである。この企画は以前、六本木ヒルズの森美術館で行った「ARTIST BY ARTIST」が始まりである。
 この他にも HIBINO DNA AND GIFU FC をこれから始動させようと考え中。岐阜FCは今は東海リーグで、うまく行けば来シーズンはJFLに行ける。
 こんな感じで、…にはいろいろな可能性があり、この…こそ大切なメッセージを持っている。
 見えないものを、まだわからないものを、見えないかといって見えないままにしておくと、だれも見ようとしないので、見えないものでも形にしておくことが大事であるような気がする…。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ