GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          








 ワールドカップが終わりました。まさかジタンのレッドカードで幕がひかれるとは…。90分の、いや決勝は120分のドラマが待っていました。それにしてもワールドカップというものは、スポーツ競技というにはあまりにも人間くさい、そして民族くさい、大陸くさい、地球くさい身体表現であることがよーーく理解できました。
 期間中、日本サポーターとして、同じ身体表現者として、ドイツを訪れたのですが、そこで見たり、聞いたり、感じたりしたものは、やはりピッチ上で行われるスポーツ競技としてのサッカーだけではなく、サッカーが生まれた元にある人と人の接触する時間空間が、ドイツの国に充満していました。この空気感こそがワールドカップであり、世界中の人間を暑くするエネルギーなのです。
 このワールドカップを突き動かしているエネルギーを日本のお茶の間にテレビという媒体で伝えるのは相当困難なことであり、これだけ映像伝達がコミュニケーションの主流になっていたとしても、その技術の偏重した進化ゆえに伝わりきらないところが、ワールドカップにはあるのです。
 実際に感じるドイツでのワールドカップ(リアル)とテレビで見るワールドカップ(バーチャル)は感覚的臨場感と視覚的刺激偏重感というところで、ワールドカップの一部しか伝えきれていないことは否めません。リアルとバーチャルは互いが共存関係にある意味的な立場であり、互いの特性は比較することにより成立しているものです。
 この二者の長所を生かした表現媒体がフランクフルトにありました。それは川の中に建てられた巨大ビジョン。幅20m(推測?)はあろうかというビルディングのようなテレビとでも言いましょうか。両面が画面になっていて両岸から見ることが出来るのです。
 自然空間が持つ爽快!と画像視覚が持つ刺激!が融合して、今までに感じたことのない表現媒体になっていました。こんなことが出来るのもワールドカップならではであり、サッカーならでは!
 日本代表が強くなるには、これくらいのことが出来る文化が必要です(2002年は試合会場の中だけがワールドカップであり、街にはそれを楽しむ余裕がなかった。試合運営するだけで一杯だった)。技術ではなくみんなで楽しむ、コミュニケーションする、という感情がサッカー表現を美しいものにしていくのです。90分の試合だけがサッカーではありません。関わるすべての事柄がサッカーという表現なのです。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ