GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      








 今年の10月に岐阜県立美術館で展覧会を行います。「HIBINO DNA AND…」というタイトルを付けました。
 岐阜は私が生まれ育った土地であります。その岐阜だからこそ行える展覧会にしたい、という発想から、一番最初に浮かんだことは、「作品を厳選して展示するのではなく、これまでの全ての作品を展示することが出来ないだろうか…」ということでした。私の作品は岐阜の実家の倉庫に保管してあります。運ぶのが近くて便利という安直!?な考えから、まずは走りだしました。となると美術館だけの展示室では足りなくなり、岐阜市内で展示可能な場所探しが始まりました。
 地方都市にありがちな現象が、岐阜市でも起こっており、デパートがつぶれる、銀行が閉鎖する、商店が空く、などの市街地空洞化が始まっているのです。
 岐阜市は名古屋市に電車で20分という距離にあり、今や名古屋のベッドタウンとなりつつあります。駅前に来年出来る43階建ての高層マンションの多くはトヨタが買い占めた、との状況が示すように、名古屋圏に吸収されようとしています。今までの岐阜市は城下町の誇りを持ち、天下統一・織田信長・楽市楽座、などのキーワードが付いて回ってきたのですが、これからは、そればかりではしっくりいかなくなってくるようです。
 かたくなに伝統を守るのではなく、新しい岐阜の姿を築き上げていこう、そのきっかけとしての展覧会に付随する動きをしていきたい、と立ち上げたのが「DNA AND PROJECT」です。
 私はこれまでに、この新聞の発行のきっかけとなった、いわき市立美術館での個展とか、新潟で行っている「明後日新聞社」のきっかけとなった妻有アートトリエンナーレ、そして水戸芸術館で昨年行った一人万博、今年行っている九州国立博物館・太宰府天満宮での「アジア代表日本」など、街ぐるみでさまざまなプロジェクトを仕掛けてきました。それらの経験を生かして新たなDNAを岐阜に注ぎ込んでいきたいと思っています。さてさてどんなプロジェクトになるのやら…。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ