GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          










 「クローズ ユア アイズ」というコピーのイベントが会津若松で行われた。会津とアイズをかけているのだが、内容はシンポジウム。いわき出身で、株式会社ぴあの矢内廣さんがこの大会を企画監修した、という最低限の情報を前フリしておいて。
 12月のある日矢内さんから電話がかかってきた。「クローズユアアイズ…すぐに会津若松に来てくれ…」。私が会津若松に行くのは高校の修学旅行以来30年ぶりだ。あのときのバスガイドさんと一緒に撮った写 真を思い出しながら、会津に向かった。到着するとそこには20人程のスタッフと1000個のダンボール箱が待っていた。
 私は「クローズ ユア アイズ クローズ ユア アイヅ」と叫びながらダンボール箱に閉じている目の絵を描いた。するとまわりのみんなも、箱に閉じた目を描き出した。
 そして10日後…。シンポジウムの会場には箱が山積みされ、1000の目がステージ上に現れた。目を閉じて何を想っているのだろうか…。
 高校の修学旅行を思い出した。仙台・松島・猪苗代湖・会津若松などのコースだった。野口英世記念館・栄螺堂などを巡った。あまりよく覚えていない。高校2年のころは美術のデッサンに明け暮れていた。現実の時間よりもその先の時間に興味は向いていた。早くここを出て行かなきゃ!という思いが強かった。だから福島に来たときも上の空だったような気がする。
 あの時はそのときの自分に対して目を閉じていたのかもしれない、ということを今目を閉じて思い出す。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ