GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          




 

 

 朝顔を育てることになったのは、ほんの些細な「キッカケ」だった。今月の「そのとき時代は動いた」は2003年5月24日。私が初めて新潟の莇平の村のみんなと対面 した日にあててみました。(NHK松平アナ風)
 その日「私たちはアートなんて、てんで解らないから、いったい何を日比野さんはこの村でやろうとするの?」という鋭い?質問に私はさらされていた。この時はまだ「明後日新聞社」をこの村の廃校になった小学校を舞台にして展開をしていくことだけが決まっていた。内容は、私達が村人達を取材して新聞の記事を書いていこう、という企画だが、肝心なところが欠けている。つまりこちら側の一方通行でしかない、村人達が参加する、もしくは中心になるという要素が希薄なのである。
 そんなとき、村のおばあちゃんが言った。「わざわざ東京からお客さんが来るというから、小学校の庭に花を植えておいたよ、私達が出来ることといったらそれぐらいだから」。この一言が時代を動かすキッカケになったのである。
 私は「これだ!」と思い、すかさず「みんなで花を育てましょう!」と提案した。「夏だから朝顔かな」と村人。「いいですね、小学校と似合いますよ!校舎を朝顔で覆いましょう!」と私。「…」と村人。「屋根までロープを張って、校舎の端から端まで300本!」とわたし。「そんなこと出来ないでしょ!」と村人。
 しかしロープ張りの作戦はすぐさまそこの集会所にあった黒板にアイデアスケッチを描き、必要な人数、材料、具体的な日程を即決した。花を育てるのとか、ロープを張るのということになると村人達はさっきまで受身だったのが、がぜん乗り気になってきた。
 あれから3年目、新潟の明後日新聞社の朝顔は今年の夏に行う水戸芸術館での日比野の個展に正式作品として出品するまでに至った。村人達も新潟から30人乗りのバスをチャーターして水戸入りし、6月12日に苗植え、ロープ張りを行った。みんなが口々に言う「朝顔が水戸に連れてきてくれた!」
 今年の夏は新潟と水戸で朝顔の競演である。昨年度の朝顔から採れた種はおよそ18万5590粒。今年はどれだけの花を咲かせ、どれだけの種が出来ることでしょう?そしてその種はこれからまた、きっと広がっていくことでしょう。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ