GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      




 8月6日から水戸芸術館で個展を開きます。その中で一般の方にも参加していただいて作品を制作する企画を今回ご紹介します。タイトルは「HANDS HABITS(ハンズハビッツ)」これは造語なのですが、手のくせを意味します。
 各人が持っている手には癖があります。ここで言う癖とは筆跡などの個性が無意識のうちに思わず出てしまう癖のことを指します。このハンズハビッツを大集合させて作品を作っていこうということなのです。
 17世紀にヨーロッパ英国にてマニュファクチャ(工場制手工業)なる産業革命がおこりました。これはのちに機械が人間に取って代わって現代の無人化工場の姿になっていくわけですが、ハンズハビッツが求める所は機械には到底、取って代われない部分の生産能力であります。「同じ行いを他人と同じようには行うことは不可能である。なぜならば自分の中でも同じことは二度と同じようには行えないのだから」
 制作する作品数は7〜8点、それぞれが3立方メートルほどのサイズになる予定です。素材は紙、布、金属、木材などさまざまですがタイトルはすでに確定しています。つまり完成イメージはすでにしっかり決まっているわけです。
 日比野が持っている色、形、素材感を日比野の指示の元に手を動かして行きます。例えば「紙を5センチ四方に切って、緑色を塗って、この場所に貼っていってください」、てな具合です。同じ指示が出ても100人寄れば、100通りの表情がその作業には出てくるはずです。
 5センチの四角を切るときにどのようなパターンがあるか考えて見ましょう。
 まずは定規を使う人、使わない人。カッターで切るときに定規をあてる人、そうでない人。はさみで切る人。下書きをして一気に切る人、一つずつ切る人、切るときに下書きの線の内側か外側か線上か? 力の入れ方も一回のカッターの動きで行う、慎重に徐々に切っていく。これらの組み合わせで、5センチの四角と言えどもすべてが異なった形になってくるのです。まして塗る行為、貼る行為などは切る以上に単純な行為だけに、個人の中でも安定しない作業になっていくことでしょう。
 イメージとアクションで生成されていく作品は決して一人の個人の中だけで成就させなくてはならないことではありません。自分の能力はすでにすべての人が持ち得ていることに注目した制作システムということです。
 4月からこの制作は開始します。日々の新聞の読者の方も「面白そうだな」と思ったらどんどん参加してみてください。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  ホームへ画面上へ