GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      




 水戸芸術館現代美術ギャラリーで2005年8月に個展を開催いたします。タイトルは「一人万国博覧会」。作品はもとより、演劇、ワークショップなどのイベントを織り込んだ空間時間のものを考えています。 いわき市立美術館で個展を開いたのが2001年の9月でした。忘れもしない9.11のテロ事件の翌日がオープニングで、公開制作ではあのショッキングな映像が頭から離れず、ツインビルと飛行機が絵の中に現れてきたのを今でも鮮明に覚えています。あれから4年後の美術館での個展ということですが、今回はすべて新作を展示します。その時、折々の社会状況の中での自分の立ち位 置を確認しながら自分の身体を通して作品に仕上げていくことは、楽しくもあり苦しくもあり、というのが正直な気持ちであります。8月6日の初日まであと何日か数えるとビックリするほどしか時間がありません。 まずは美術館のモデルを作ってみました。50分の一の模型を前に「でかい!広い!」と思いながらも、腕が鳴るなるキンコンカン!この空間をヒビノ的に埋めてやる!ということでダンボールで覆ってみました(わかりやすすぎ)。 空間を粘土のようにいじりながら形を探っていくにはまずは自分にとっていじりやすいニュートラルなメディアにしようということです。白いホワイトキューブの空間を茶色い梱包材で包みこむ。そこからスタートしました。まだまだこれから何度も脱皮し、さなぎにもなりながら冬を越し変容していく予定です。一日たりとも無駄 には出来ないのが現状です。 変容する時のエネルギーはどこからやってくるのだろう。日々そんなことをイメージしながら格闘している今の私です。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  ホームへ画面上へ