GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      








 水中写真の大御所、中村征夫さんと一緒に海に潜りました。場所は熊本県の牛深の海。中村さんは夏の夜の生命の一大イベントである珊瑚の産卵を撮影しに来ていたのです。私は中村さんに案内されながら牛深の海を訪ねました。
 「いやー産卵は凄かった!物凄くよかった!言葉で言い表せないぐらいびっくりした!とてもキレイだった!」…。なんて陳腐な言い方なんでしょうか?もう少しその風景が浮かんでくるような言い方はないのでしょうか?そんな表現では「ほんとに見たのか?」と疑われてしまいますよ…。「すいません、私は見ていません…。産卵の日には間に合わなかったのです」
 悲しい!チョー悲しい(北島康介風)。珊瑚が産卵するのは年に一度、夏の満月か新月の夜。今年の出産予定日は8月16、17、18日の3日間だったのですが、私が牛深に着いたのは17日で、珊瑚の産卵があったのは16日の午後8時ごろだったのです。
 16日の夜に東京にいる私に熊本の友人から電話が入りました「これから中村さんと海に出ますが、きょうの可能性もあります」。次の日の朝一番の飛行機で熊本に向かい、「珊瑚よ!まだ産卵するな!出ないでくれー!」と祈りつつ、天草空港に着きました。そして迎えの友人に挨拶もそこそこに出た私の言葉は「出た?」の一言。すると友人は「出た」。
 しばし沈黙…。「そうか、出たか…見た?」すると友人は「見た」…。再びしばし沈黙…。「キレイだった?」「物凄かった」…。三度しばし沈黙…。
 珊瑚の産卵が確認されたのはまだ最近の話です。そしてその日が予想できるようになったのもここ数年のことです。夜の海で繰り広げられる産卵はピンクの小さな卵を珊瑚がさきっちょから一斉に放出するのです。案内人と装備と日程とが準備できないとそうやすやすと見られるものではありません。中村さんが珊瑚の産卵の撮影で熊本の海に潜ると聞いたのは去年の秋の話でした。「私も一緒に連れて行ってもらえませんか?」とお願いしてから一年越しであったこの産卵ショー観劇計画はタッチの差でメダルを取り逃がしてしまいました。悲しい!チョー悲しい!(北島康介風2)
 「簡単には見られないものの方が、見たときのありがたみは増すというものです」と中村さんが言ったとか言わないとか。「珊瑚の産後が見られたということで」とどうでもいい駄 洒落で文章を締める自分が悲しい。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  ホームへ画面上へ