GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      








 オーストラリアの先住民族のアボロジニの集落のモアンジャンに今来ている。ここ西オーストラリアのキンバリーにはバオバブの木が原生している。その中で一番有名なバオバブがプリズンツリーと呼ばれる太っちょな木である。この木は中が空洞になっており、その昔名前の通り、牢獄として使われた悲しい歴史のある木である。この木の前でアボロジニの長に話を聞いた。
 「この木を私は見たくもない、ここにいるのもつらい。しかしこの木には存在し続けてもらわなくてはならない。なぜならば、私たちのつらい歴史を忘れないように語り続けてもらわなくてはならないから。そうでなければなにもなかったことになってしまうから」
 白人が先住民族を迫害した時代があった。しかし彼らは今共存している。しかしアボロジニは許してはいない。しかしアボロジニは戦いはしない。かれらはこの木にすべてを語らせようとしているのか?  アボロジニの世界観を象徴するものとして「ドリームタイムストーリー」というものがある。これは5万年の歴史を語り継ぐお話しである。その最初に登場する「ワンジナ」という精霊がいる。ワンジナは大地を創り、海を創り、木々を創り、生き物を創り、人間を創り、すべてのものを創世した。
 ワンジナはこのキンバリーのアボロジニであれば子供でもみんな知っているし、その姿を絵に描くことが出来る。その特徴は「口」がないのである。モノを言わなくても伝わるパワーを持っているワンジナ…とアボロジニたちは口のないワンジナを説明してくれるのだが、迫害されながら抵抗しきれなく、心になにかを持ちながら、今現在を享受しているその姿は、口のないワンジナにもイメージは重なるところもある。
 夢を語りながら今を生きるアボロジニたちは、彼らにとってドリームという響きは、決して夢という輝きをもつものだけではなく、忘れがたき悲喜をも含めた、もう一つの現実とは異なった時間ということのような気がする。
 そんな夢をうつつに持続することが出来るのがアボロジニの世界観なのだろうか?
(アーティスト)



日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集
 
  ホームへ画面上へ