GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          



 東京藝術大学に保存修復という専攻がある。仏像などの彫刻、日本画や油絵などの絵画などの劣化した文化財を修復する。作品に使用されている材料を分析し、制作された当初はどのような状態であったか研究し、先人たちの技を知ることで学生たちの技術向上に繋がる。完成当初の色に姿に戻すのか。それとも現状を維持してこれ以上劣化しないように留めるのかは意見が分かれるところである。
 この専攻で学んだ者が岐阜県美術館の学芸員として勤めている。その学芸員から「日比野作品の保存を考えたいのでお時間を下さい」とメールが来た。普段は洋画などが専門で岐阜県美術館のルドンなどの収蔵作品を扱っている者である。
 私の1982年制作の「PRESENT AIRPLANE」というタイトルの作品が美術館にコレクションされている。第3回日本グラフィック展大賞受賞した3連作の1つで、あとの2点は「PRESENNT SHOE」「PRESENT SOCCER」。これらの作品が東京(カイカイキキ)やパリ(ポンピドーメッス)で行われる展覧会に貸し出す予定があり、改めて状態を調査することになった。
 作品は美術館の中にある収蔵庫の前室で見ることになった。サイズはB1(約70cm×100cm)、ダンボールがベースで、飛行機やプロペラや靴などのかたちがそれぞれボール紙で切り貼りされている。絵の具はアクリル絵の具、その他に色鉛筆、墨汁などが使用されている。額縁は木製で透明なアクリル板がはまっている。
 発表当時はこのアクリル板と作品の表面が接していたが、これは作品にとっては負荷がかかるということで、離した方が良い、ということになった。でもそうすると、ダンボールに貼ってあるボール紙の、のり接着力が弱まっていて、画面 からボール紙が浮く状態になる…。

 岐阜県美術館では「BY80s FOR20s 1990年代発→2020年代行き」(9月8日から10月29日)という展覧会を開催する。この展覧会にも受賞作品は展示する予定である。80年代を語りながら、これからの時代を語る。制作当初の意図は何だったのか、作者は今何を思うのか。そしてこれから…。
 時代は変わっていっても美術館の収蔵庫の温度湿度は絶えず一定に管理されている。

(アーティスト)
 




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ