GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          



 東京2020オリンピック・パラリンピックの文化プログラムを先導するリーディング・プロジェクト「TURNフェス」が3月4日から6日まで、東京都美術館で行われました。これは、異なる背景や習慣をもつ1人ひとりが、「出会う」ことを楽しみ、深め、共有するフェスティバルです。16組の表現者が、人と人が「出会う」ことの可能性を提示しました。表現者は昨年秋から、さまざまな施設に通 うところから始めました。
 例えば、「クラフト工房LaMano」は、一般就労が困難な人たちが働いている場。「シューレ大学」は、学校に通 いつらくなった人たちが集い、自主的に学生生活を考えていく学習の場。「ハーモニー」は世田谷区にある施設で、統合失調症、PTSD、発達障害などと診断された人たちが利用している就労支援施設です。東京以外にも、静岡県浜松にある「認定特定非営利活動法人クリエイティブサポートレッツ」。奈良市にある「一般 財団法人たんぽぽの家」。福岡市にある「工房まる」などにも訪ねて行きました。
 表現者には、コミュニケーションアートなる類の領域が近年出てきているのですが、人と出会うことを目的としたアートを表現手段としている人たちに、参加してもらいました。会場の入口には、このフェスを監修している私の「TURN」についてのステイトメントがあります。

 「おなじはない」がアートの原理。TURNはアートの原理を社会の構造にしみ込ませていくための媒体。生きるということは、自分ではない人たちと一緒に過ごしていくこと。自分以外はみな他者。少しでも分かり合いたいという気持ちが一瞬重なる。TURNがいる場所を訪ねていく。区切らずみんながいる風景。
 アートの力は人間の社会の基盤。全ての人が生きていることを実感できる表現者になる。ものがアートじゃなくて、感じる人の力がアート。受け手がいるから表現者がなりたつ。TURNする意識・価値観・見方を獲得していく。人がはじめからもっている力を見つめなおす。TURNの時間。自分の奥深いところを見に行く行為のようなもの。社会におけるアートが発揮している力は、今はまだ氷山の一角。TURNは旅である。
 3日間は出会いの場でした。それぞれの異なった施設の利用者の人たちが、アーティストによって、フェスの会場に現れて、美術館を訪れた人と出会い、また日頃は会う機会の少ない施設同士の出会いもあり、人の魅力ある多様性を体感した3日間でした。TURNの活動はこれからも継続していきます。

(アーティスト)
 




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ