GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          



 「納豆飛行機」というタイトルのワークショップが茨城空港で行われた。いったいどういう内容のものなのか? 航空会社の受付カウンター前に机が並べられている。机の上には藁の束が1人1kg分が置かれてある。そして、参加者に紙が配られた。その紙には次の様なことが書かれてあった。
 『HIBINO SPECIAL からの報 告によると、本日2月21日、茨城県上空に納豆菌が発生しました。大豆が乗客の藁で出来た飛行機を作成して、空をめざして、空で納豆に!《出発のご案内》茨城空港DEPEARTURE TIME→2015/02/21 PM5:00 ARIVAL TIME→ 空で納豆になったらノ帰ってくる』
 茨城水戸の名産品、納豆の昔ながらの藁で包まれた、あの姿は、なるほど飛行機の胴体部分に似ているかも。あれに羽根をつければ飛びそうな形になる。参加者は一斉に飛行機の製造にとりかかる。藁と格闘すること3時間、出発時間が近づいてきたが、なかなか離陸できない。空港の天井から、モビールのようにして参加者の飛行機をバランスとりながら吊っていくのだが、大きさ重さがまちまちだから、ひとつひとつ調整しながらのフライトになる。そんな作業をしていた時、空港アナウンスがかかった。
 「アテンションプリーズ、定刻午後5時発茨城空港上空納豆菌エリア行き、ご利用の大豆様に申し上げます。出発予定時刻を過ぎており、大変ご迷惑をおかけしております。航空機混雑のため管制塔からの離陸の許可を待っております。今しばらくお待ちください。なお、本日発生した茨城空港上空の納豆菌はなかなかなくなりませんので、ご安心ください」。藁に包まれた機内の大豆客から「急いでも納豆にはなれないから、のんびり行こう」と声が聞こえた。結局、管制塔から指示が出たのは、午後6時。1時間の遅延となった。参加者たちが製造した納豆飛行機は全部で48機になり、無事に全てが飛び立つことができた。茨城空港名物「納豆飛行機」の誕生。大豆の乗客が納豆になるまでは空に浮かんでいるという。
 これは「HIBINO HOSPITAL」 という私が1999年から行っているアートプログラムです。あしかけ16年、この日で65回目のワークショップでした。次は何をやろうかなノ。
(アーティスト)
※紙面に掲載される画像はモノクロになります。




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ