GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      



人が始めから持っている力に教わる展覧会が始まった

 京都府亀岡市にある、みずのき美術館で「TURN展・人がはじめから持っている力」が11月8日に始まった。5日から搬入作業と設営で現場に入り、全体の展示構成を行った。16人の作家36作品が展示されている。
 この中で異色の作品をひとつ紹介しよう。野田秀樹の「人類への胃散」。美術館に野田さんが作家として出品するのはきっとこれが初めての事だろう。で、何をどのように出品しているかというと、自作のテキストを朗読している音声が会場に流れる。そしてその内容がミロのビーナスについて語っているので、その模型彫刻が飾られている。鑑賞者はその像を見ながら野田さんの声を聴くのである。
 ミロのビーナスの彫像はみなさんご存知だろう。両手がなくて、下半身が布で覆われている、あの彫像である。両手が何故ないのか、なぜ下半身が布で覆われているのかということを解説している話である。話を聞きたい人は京都に来てください。どうも両手は肩の先には最初からなかったらしい…。

 展示を終え(もちろん私の作品も出品しています)、私はラオスに向かうために関西国際空港に来ています。そこでこの原稿を書いています。ラオスの首都・ビエンチャンから1日車で移動してたどり着ける、ポントン村。毎年11月になると、そこにある小学校を訪れ、子供達と絵を描きます。この小学校には図工の時間はなく、私が行く日が、唯一、1年に1度の図工、美術の時間です。そこには「人がはじめから持っている力」があり、私がそれを教わりに行っているともいえる。TURNの旅のような気もします。
 では、行ってきまーす。

(アーティスト)
※紙面に掲載される画像はモノクロになります。




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ