GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          









 直径30メートルの皿をつくる。どうしてそんなものを作るのだろうか?橋とか建物がでかければそれぞれの機能が増幅していくわけだが、皿が100倍でかくなっても100人で食事ができるわけではない。100人で食事するには100個のお皿が必要なわけで100倍の皿では100人どころか1人も食事ができなくなってしまう。100倍でかい人間がいれば話は別だが…。ということで別な話に話は移る。
 お皿はなぜできたのだろうか?お皿の形の原型は「手をお皿のような形にして」というアノカタチから来ている。水を飲むとき、木の実などを集めるときに手のひらがするアノカタチである。水を溜めるにはお皿の形が必要なのである。地球の海も水があるから海ができたのではなく、お皿の形が地球にあったから水を溜めることができて、海が生まれたのである。一体そんなでかい皿はだれが作ったんだ。まぁーでかい人間でもいれば話は別なのだが…。
 別な話の先の別な話が同じ話しになってきた。ということはこの話は別な話しではなく、実は大事な話なのではないか。この星にはでかい皿があった、だから水が溜まった、だから人間が生まれた。
 来年愛知県で行われる愛知博覧会の瀬戸会場の一画にこのお皿を設置する。愛知県陶磁器工業協同組合の作品である。直径15センチのお皿だと3万2千枚分である。全国各地からお皿を集めて、また地元の子供たちのも絵付けをしてもらって、大きな絵柄をつくる。その直径30メートルの絵柄のデザインを私が担当する。絵柄とともにそのタイトルも考えた。「この星に初めて雨がふったところはどこだろう?」という大皿の名前である。最初に雨が降ったところにはこんなような大きなお皿があったから、地球に水が溜まって海ができた。そんなことが想像できることをイメージしてせっせと3万5千枚分の絵を考える、大変だ!3万5千倍の人間がいればもっと早くて話は別なのだが…。別じゃないって! 
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集
 
  ホームへ画面上へ