GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          



 駅には「瀬戸の花嫁」のオルゴールが鳴っている。蝉の声が、こじんまりした駅舎の窓から風にのって聞こえてくる。私は四国、香川県多度津の駅の切符売り場で、一瞬悩んでいた。「どこまでの乗車券を買えばいいのか…」。自分の行き先がわからなくなってしまったのではなく、どこで区切ればいいのかを迷っていた。
  まずは香川から岡山に瀬戸大橋を渡り、今日は岐阜まで行く。岐阜では、再来年にできるコミュニティー施設のコンセプト会議に出て、明日は東京に戻って、明後日は横須賀美術館での秋の展覧会の現地調査をして、その後に1度また岐阜に戻って、会津若松で制作した仏壇の御霊入れをして(この切符は別 で、東京から岐阜に往復を買うとして)、そのあと新潟の莇平で明後日新聞の夏のあさがお行事があり、その間に新潟市立美術館にワークショップの打ち合わせにいく、というのが今日から8日間の予定である。
  乗車券は細切れで買うより、通しで買って途中下車のほうがお得なので、どこまでの乗車券を買うのがよいのかを一瞬迷った。スマートフォンでスケジュールと電車乗り換え案内を見ながら、「新潟までの乗車券の有効期限は何日間ですか?」と駅員さん訪ねると「7日間です」と。惜しい1日オーバー。よって乗車券は莇平の最寄りのJRの六日町駅まで購入する。
  今日までの5日間はずーっと瀬戸内の島に通ったり、滞在したりしていた。瀬戸内国際芸術祭2013に出品する「瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト」の活動を行っていた。一昨日丸と名付けて引き上げ用のクレーンを取り付けたりして探査用に改造した船を沖に出して、海底に沈んでいる沈船の調査と実測、撮影を10人ほどのチームで毎日行ってきた。活動の合間に地元の漁師さんの昔話を聞きながら、新たな海底の情報を聞き出す。拠点になる島は粟島。ここには国立海員学校がかつてあり、いまはその立派な木造2階建ての建物が記念館になっている。
  その中の展示室に海底から引き上げた物を展示し、当時のことを想像するという「ソコソコ想像所」の空間も、作品として制作する。展示室には島の歴史を語る品々が展示されているので、それらを一時的に移動する片付けと掃除なども行った。この作業には粟島の連絡船知り合った、香川大の1年生2人、観光で東京からきたカップルも手伝いにきてくれた。
  10時57分発南風8号岡山行きの出発の時間です。この乗車券の有効期限が切れる頃にはまた、いろいろな思い出が蓄積されていくのだろうな…。切符なくさないようにしないとね。
(アーティスト)
※紙面に掲載される画像はモノクロになります。




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ