GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          










 蜘蛛を食べてしまいました。カンボジアでの出来事でした。真っ黒けで足まで入れると12センチほどあるタランチュラのような巨大蜘蛛である。牛もBSEになるは、鳥インフルエンザは流行りだすは、豚も鳥にかかるは、食えるものがなくなってきた。だから蜘蛛だったら大丈夫!ねずみも大丈夫?なんてことを考え出してしまってこの世も住みづらくなったもんだ。
 キリングフィールドのように死体の山ができてしまうのでしょうか?蜘蛛も大皿に黒山の蜘蛛だかりで売られていました。それも少女の頭に乗せられて。びっくりしました。その風景を見たときには、いろんなものを人間は食べるもんだ、いろんな物を食べられるのは幸せなんだと、牛丼がなくなるニュースを見てつくづく思う。
 鳥だって昔は自由に好きなものを食べられた。草が食べたい気分、石を噛みたい気分、土を舐めたい気分。だけど養鶏場では同じ物を食べなくてはいけない。だからおかしくなった。鳥が健康でなくなった。全てを受け入れることは健全なことなんです。
 アンコールワットはヒンズーになったり大乗仏教になったり、タイに攻め入れられたりしてきた。時間にも攻められ(人間から見放された時期と言うのは、逆にいえば時間をそのまま受け入れて風化する)、木が石を持ち上げ、石の寺院が植物をも受け入れている。その素直な生物の行動は蜘蛛の黒山よりも雲の上の風景を作り出していた。
 いつまでも同じではいられないんだよね。カンボジアも交通 量がこの数年で爆発的に増えている。けど交差点には信号がないところがほとんどで、でもこれが不思議とぶつからない。速度を少し落とし、左右をコマ目に確認し、そして何事もなかったようにすり抜けて行くのである。こんな時期はいましかないだろう。メロンの食べごろのように、交通 量が少なかったら、速度は変えずに交差点に突っ込むだろうし、増えればふんずまりになる。うまい具合に通じるのは今しかない。イラクが戦場ではないという「途中な今」、そんなことの連続が時代になっていくのであろう。
 いつでも誰でも、時代の生き証人なのである。証人っていうのは悪事の落としまえのときにしか登場しないんだけどね。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ