GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      



 1万5千年前の洞窟壁画に描かれている動物の描写 とかを見て「上手いなあ」と素直に思う。アートの歴史はそれ以降、いろいろな表現を行ってきている。一般 的な学問は先人の業績を次の代に伝えることによって進化していくのだが、どうもアートはそれとは違うようである。つまりアートは進化できない領域のものであって、引き継ぐことはできない。よって、学問とは言えないものなのではないだろうか。もし学問であるならば1万5千年前のアートをみて、今と比べると「拙いね」となるであろう。
  この数年、そんなことをなんとなく感じてはいた。なぜそうなのかは、あまり考えないでいたが、最近ちょっとまた気が付く点があった。アートは進化しないのではなく、人類が今も昔も同じ宿題を行っているのではないか、ということである。
  例えば数学のように、1つの基礎的な問題を解決して、その公式なり、原理を使って次の難題に挑む。科学も医学もみなそうであろう。知識を積み重ねることができるから、限られた1人の人生の中でも先人たちが時間をかけて築いてきた知を引き継ぎ、活用して、より高等なものへと導いていくことができるのである。
  しかしアートは他者の行ったアートを引き継ぐことはできたとしても、それを進めることは出来ないのである。地球上にこれまで誕生した人の数は、正確な数字は出ていないが200億とも450億とも800億人ともいわれる。この不確かな数字の間をとってざっと450億人だとすると、450億人が同じ宿題を行ってきており、その答えが未だ見つかっていないということである。
  洞窟で壁画を描いていた人も、レオナルドダビンチもピカソも美大の学生も、小学生の絵も私も、皆同じ宿題をやってきている、ということなのだと思う。450億人が450億人分の答えをそれぞれ出してはいるものの、それはそれ、これはこれである。素敵な作品を見て素晴らしいとは言えるけれど、どんなアートであってもこの答えは間違っているとは言い切れない。それがアートというものなのだと思う。
  「そんな答えの出し方もあるんだ」という驚きは時代の中でそのつど感じられてきてはいる。同じ宿題であっても社会の価値観が移り変わっていくと、人々が求める答え方は変化する。2012年日本においても社会状況が求めるアートが出す答えは、これまでのものとはまた違ってくるであろう。同じ宿題なんだけれど、ど、同じ答えは永遠に出てはこない。なんてことを考えたある日でした。

(アーティスト)
※紙面に掲載される画像はモノクロになります。




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ