GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      



 福井県若狭湾に面する小さな漁村、世久見(せくみ)は漁師の平均年齢が37歳。福井県平均が65歳であるから、その異常な若さは驚愕。そんな世久見の朝は定置網の漁から始まる。午前2時から動き始め、7時に帰港する。普通 の漁師ならここで仕事は終わるのだろうけれども、それから近隣の中学生の体験学習を地元の観光協会との連携で引き受け、子供たちを船に乗せて、蛸カゴ揚げを体験するために再び船を出す。ほとんどの漁師の家は民宿を営んでおり、釣り客なども受け入れている。このほかにも、個人で潜って、アワビなどを獲ったりする。海の魅力を最大限に活用している町は、若手への代替わりがうまく進行している。
  海の恩恵で経済的に自活をしていくには、海にある魅力を陸に伝えるために、何度船を乗り降りするかである。海の中にいる魚は、そのままでは経済的価値はないが、陸に上がった魚は価値が生まれる。陸にいる人を海に連れて行くと、身の回りの風景が一変し、リアス式海岸の海辺にそびえたつ山を今さっきまで陸で見ていた時は、ただ単なる木が茂った山だな、としか思っていなかったのが、海の上から船に揺られて海面 から立ち上がっていく海岸線の延長線上の山をみると、その形が浮き上がり、海に浮かぶ島に人がのっかっているんだなあと思う。  視点の起点を陸から海と変えただけで見え方が異なってくるのである。その見え方の違いの価値の変換をさらに経済に変換していくことに前向きな姿勢が、平均年齢37歳の漁村をうんでいるのであろう。
  そんな世久見の村に私が立ち寄ったのは6月7日のことであった。朝7時から桟橋に停泊している朝顔の種の形をした船の前で絵を描いている女の子がいる。その傍らで漂着物にきりで穴をあけてひもを通 してモビールらしきものを作っている男の子がいる。30分ほどしたら2人は走って小学校へ行った。それと入れ替わりに岐阜県根尾から来た中学生24人が体験学習で漁船に乗って港を出ていった。
  1時間ぐらいして帰ってくると、中学生たちも種の形をした船の前で、世久見の記憶をそれぞれ絵にしたり、形にしたりし始めた。「ウミノムコウヘ」と書かれてある宝箱にそれらを詰め込んで種の形をした船(TANeFUNe)に積み込んだ。そしてオカリナで「ふるさと」を演奏して岐阜に帰っていった。そんな不思議な時間が流れた漁村の朝でした。

(アーティスト)
※紙面に掲載される画像はモノクロになります。




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ